2-6-2・プレーリー(○ー●●●-○)

Sept 1, 2017.

「プレーリー(Prairie)」とはモガール(○-●●●)の改良型としてシカゴ・バーリントン・アンド・クインシー鉄道の主導で1900年(明治33年)に考案された車軸配置です。従って、プレーリーと言う車軸配置の機関車は1800年代ギリギリ最終年以降にしか製造されていないので、どちらかと言えば近代的な外観の車輛が中心となります。テンダ機としては世界的に見ても1900年製のCB&Qの機関車が口切で違いは無いのですが、タンク機まで含めると1875年(明治8年)に英領ケープ植民地で使用された機関車が2-6-2(Prairie)と言う車軸配置の起源とも言うべき存在であるようです。

「プレーリー=大草原」と名付けられた所以は、元来がアメリカ合衆国中央部のカナダ国境からメキシコ国境に至る地帯に広がるから広大な草原地帯で運転するからと言うことのようですが、前後対称の車軸配置はなんとなく長閑な印象を受けるからなのかもしれません。この辺りの感覚はコロンビア(2-4-2)にもなんとなく相通じるような気がします。例によって「気がする」だけですけど。前後対称であると言う点ではサンタ・フェ(2-10-2)も同様ですが、此処までになってしまうと受ける印象はかなり異なるように思います。

モーガルに従輪を追加してプレーリーと言う車軸配置に変化させた理由は、主としてモーガルの火室を広くする事が目的です。実態としては出力を上げるために火室を広くしたと言うよりは、低質炭を使っても必要な熱量を得られるようにするために火室を広くしたと考える方が自然じゃないかと思いますが、あってるかな?。

全米の鉄道が所有したプレーリーの合計が大雑把に1200余輛ですが、その内の凡そ1/3をCB&Qが所有していましたから考案社の面目躍如たる処でしょうか?。最も遅くまでプレーリーを営業運転に使っていたのはノーザン・パシフィック鉄道ですが、実はCB&Qと根っこは一緒です。それと言うのも、NPとGNは共通の持ち株会社の傘下に入っていた事があって、CB&Qもその傘下と言うか、発行済株式の48.5%づつをNPとGNが保有していた事があったからです。



車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車(三岐鉄道102号機)。
車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車(三岐鉄道102号機)。



車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車(南和鉄道)。
車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車。この機関車はブルックスが南和鉄道向けに製造した車輛です。現在のJR和歌山線の前身となる鉄道で、関西鉄道に買収された後に国有化されます。火室の問題は兎も角も、車軸配置が前後対称ですからバック運転する機会の多いタンク機には好都合な車軸配置と言えるでしょう。



車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車(南和鉄道)。
車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車。この機関車はボールドウィンが輸出用に製造したタンク機です。短足と言うか車輪が小さくて、余り脚が速そうな印象を受けませんが、却ってプレーリーらしいほのぼのとした印象があって個人的には大好きな外観です。



車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車(南和鉄道)。
車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車。この機関車はC58ですが、国鉄・鉄道省籍の機関車の中で、プレーリーのテンダ機はC58とC63のみです。C63まで含めてしまうのはアレですけど。タンク機まで範囲を広げると制式機としてはC12が入って来ますが、それ以外は4桁番号の機関車のみです。



車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車(CB&Q)。
車軸配置が2-6-2(プレーリー)となる機関車。本家本元たるCB&Qのプレーリー1950号機。1905年(明治38年)にブルックスで製造された50車輛の内の1輛で、型番は「R-4」となる車輛です。この時期のCB&Qはちょっと興味深い発注の仕方をしていまして、1900年(明治33年)にR-1を4輛発注したのを皮切りに、1901年(明治34年)から1906年(明治39年)までの間に毎年50輛程のプレーリーを製造しています。止めは1906年と1907年(明治40年)に2年連続して製造したR-5で、2年間で合計175輛製造しています。



実車例

CB&QのR-1~R-5型・NPのT5型
鉄道省C12型鉄道省C58型三岐鉄道102号機



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁