2-6-0・モーガル○-●●●

July 1, 2017.

2-6-0・モーガルはアメリカン(○○ー●●)の牽引力を向上させることを目的として、前輪1個を動輪に置き換えたものです。これで大体、50%ほど向上するそうですが2動輪の機関車が3動輪になるのですから当然か。1867年(慶応3年)にトーマス・アイアン・カンパニーと言う会社向けの機関車が製造されたのが端緒のようです。

モーガル(Mogul)と名乗る切っ掛けとなったのは、当時、未だに絶大な勢力を誇っていたムガール帝国(≒インド)にあやかってのことのようで、「ムガール人のように強力な機関車」と言うのが命名の由縁だとか。車軸配置の方は2文字目が音引きですが、国名の方は3文字目が音引きになります。現在の視点で見ると、快速旅客列車とか軽貨物列車とかを牽引させるには丁度良いんじゃないかと思います。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。鉄道省2850型(伊賀鉄道の機関車・後の西武鉄道7号機)。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。鉄道省2850型ですが、実は未開業に終わった伊賀鉄道が発注した機関車で、後の西武鉄道7号機です。製造元はカーネギー資本のピッツバーグ。タンク機で2-6-0(モーガル)となる機関車は比較的少数派で、この点はアメリカでも似たようなものです。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。鉄道省C50型。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。鉄道省C50型、、、要するにカトーが1960年代半ばにNゲージを旗揚げした際にオハ31と一緒に発売した、日本初のNゲージ機がこの型式の車輛をプロトタイプとしています。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。鉄道省7100型。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。鉄道省7100型ですが、「弁慶」と言う名前の方が有名なのかも?。さいたま市に在る鉄道博物館などにも展示されているあの車輛です。同型機の「静」と「義経」も日本国内で保存されています。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。ノーザン・パシフィック鉄道。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。ボールドウィンがノーザン・パシフィック鉄道向けに製造したナローゲージの車輛です。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。ノルウェー国鉄?。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。これもボールドウィンの機関車ですが、ノルウェー国鉄のナローゲージ路線向けに製造した車輛のようです。この機関車、複式機で全4輛だけのようです。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。これはH.K.ポーター製の機関車です。公式写真として撮影したからなのか、石油ランプが前後に装着されています。キャブ周辺の雰囲気はボールドウィン製の機関車よりも多少洗練されているような気がします。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。これもH.K.ポーター製の機関車ですが、上の写真の機関車よりはやや新しい車輛、、、だと思います。スペイン向けに出荷されたメーターゲージナローの機関車ですから、実態としてはアメリカ国内の3ftナローの鉄道向けに製造された機関車と大差ないと言えます。



車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。
車軸配置が2-6-0(モーガル)となる機関車。これはブルックスがグレート・ノーザン向けに製造した機関車です。1896年(明治29年)製ですから比較的新しい目の外観をしていますが、無駄に速そうな外観をしてい無い分だけ堅実さが感じられます。こう言う車輛は好きだなぁ。



実車例

ボストン&メインのB15
鉄道省8620型鉄道省C50型鉄道省7100型(弁慶号など)
ドイツ連邦鉄道の24型



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁