2-4-0・ポーター・ボウカー○-●●

Apr 1, 2020.

車軸配置が2-4-0(○-●●)となる機関車で、「ポーター(Porter)」「ボウカー(Bowker)」などの愛称を持つ車軸配置です。元来がプラネット(●●)の前進安定性を向上させる目的で先輪を追加した車輛です。プラネットだとどうしても「入換用」と言う印象を拭えませんが、2-4-0となると流石に本線用と言う風格?のようなものが見えて来ます。アメリカン(4-4-0)に先んずる車軸配置と考えれば宜しいでしょう。

但し、所詮は2動軸でしかありませんから、余り大きな機関車や新型の機関車ではこの手の車軸配置の車輛はありません。実際には新型でもこの手の車軸配置の機関車はあるのかも知れませんが、目立つ場所には出て来ません。日本国内に在籍した(在籍している)機関車でも2-4-0と言う車軸配置の機関車は明治初期に見られる程度です。実は、新橋=横浜間の鉄道草創期に用意された車輛は全て2-4-0だったようです。



車軸配置が2-4-0となる機関車。下の写真の機関車はH.K.ポーターのカタログに載っているモノですが、その説明に拠れば「Six-Wheel Fast Passenger Locomotive」とされています。要するに、この機関車は急客機です。

車軸配置が2-4-0となる機関車(H.K.Poretr製)。
H.K.Porter made 2-4-0 steam locomotive for fast passenger serivice.



車軸配置が2-4-0となる機関車。下の写真の機関車もH.K.ポーターのカタログに載っているモノですが、上の車輛とは異なり「ローカル旅客列車用」となっています。車輪径が小さい分だけ低速で運転するからなんでしょうか?。

車軸配置が2-4-0となる機関車(H.K.Poretr製)。
H.K.Porter made 2-4-0 steam locomotive for local passenger serivice.



車軸配置が2-4-0となる機関車。これは鉄道省160型と言うか、明治村の12号機です。元を辿ればシャープ・スチュアート(Sharp Stewart)が1874年(明治7年)に製造した車輛で、新橋=横浜間の開業後2年目に導入された増備車です。動態保存車としては、日本最古の車輛です。

車軸配置が2-4-0となる機関車(鉄道省160型)
Sharp Stewart made 2-4-0 steam locomotive, No.12 of Meijimura museum, Inuyama city, Aichi prefecture of Japan.



車軸配置が2-4-0となる機関車。これは鉄道省110型(3号機関車)で青梅鉄道公園に展示してあった車輛です。現在では横浜市中区のJR桜木町駅前に在る「旧横ギャラリー」に移転していますので、関東近郊からは一層観察し易くなりました。

車軸配置が2-4-0となる機関車(鉄道省110型≒3号機関車)
Class 110 of Japanese Goverment Ry., manufactured by Yorkshire Engine of U.K. in 1872. She has 2-4-0 wheel arrangement.



車軸配置が2-4-0となる機関車。こちらは鉄道省の150型(1号機関車)で、埼玉県さいたま市に在る鉄道博物館に展示されている車輛です。以前は、万世橋の横に在った「交通博物館」に展示されていた車輛です。

車軸配置が2-4-0となる機関車(鉄道省110型≒3号機関車)
Class 150 of Japanese National Ry., manufactured by Vulcan Foundry of U.K. in 1871.



日本における2-4-0機

Apr 1, 2020.

日本国内の2-4-0機は、比較的小型の機関車が中心で、それも古い目のタンク機が大部分です。もしかすると、日本にはテンダ機で2-4-0機はウェスタン・リヴァー鉄道(TDL)のミシシッピ号などだけなのかも?。以下、私が調べただけの範囲でしかないですから資料性に欠けますが、国鉄・鉄道院・鉄道省に在籍した2-4-0機の一覧です。



  1. 国鉄90型(注釈1)←南武鉄道3号←雲仙鉄道23号←温泉鉄道1号(雨宮製・1922年製造)
  2. 日立製作所(勝田)16号←日立電興1号←東武鉄道57号←国鉄100型←参宮鉄道(ナスミス・ウィルソン製・1896年輸入)
  3. 日車蕨工場←流山鉄道105号←鉄道省105型←秋田鉄道1号(カースチュアート製・1913年製造)
  4. 鉄道省110型(3号機関車)
  5. 加悦鉄道2号←簸上(ひのかみ)鉄道2号←鉄道省120型123号
  6. 鉄道省130型(120型の同型機で1875年シャープ・スチュアート製)
  7. 鉄道省140型(120型の同型機で1875年シャープ・スチュアート製)
  8. 鉄道省150型(1号機関車)
  9. 鉄道省160型(明治村の12号機)
  10. 国鉄115型←秋田鉄道←鉄道省170型(注釈2)←西成鉄道
  11. 八幡製鉄所←鉄道省180型←徳島鉄道(鉄道車輛製造所製)
  12. 尾西鉄道←鉄道省190型(1871年ダブス製)


  • (注釈1)
    軽便線のケ90とは全く別の車輛です。
  • (注釈2)
    170型は総数2輛ですが、秋田鉄道に払い下げられた車輛は出戻り後に115型になります。白棚鉄道に払い下げられて出戻った車輛は単純に170型に戻ります。


最初のページに戻る Return to index page 返回主頁