0-6-0・ブルボネーズ●-●-●

Nov 1, 2017.

「Bourbonnais(ブルボネーズ)」や「Six wheel coupled(シックス・ホイール・カップルド)」などと呼ばれる車軸配置で、以前は入門用としては最も一般的な車軸配置でした。Bタンクでは玩具っぽいし、Dタンクは余り一般的ではない、、、となるとこの軸配置に落ち着くのは当然とも言えます。タンク機関車ですと水タンクがキャブ直前に来る関係から大型のモーターでも搭載しやすいので、そこそこ牽引力の強い機関車に仕立てやすいと言う利点も見逃せません。

2線式の場合は集電に使える車輪が増える点も好材料と言えます。それと言うのも、車軸配置が0-4-0となるBタンク機では4枚の車輪しか集電に使えないのに対し、車軸配置が0-6-0のCタンク機は6枚の車輪が集電に使うことが出来ますから一挙に50%増しです。絶縁側の車輪は両端の2枚にしか集電ブラシを当てない事が多いので、実際には5枚の車輪しか集電には使わない場合もままありました。

この辺りは私が勝手に思い付いて勝手に屁理屈を並べている「だけ」ではありません。ヨーロッパ製の模型で0-4-0となるB型機はしばしば動輪間にレールから直接集電するコレクターシュウを持っているのに対し、0-6-0となるC型機では寡聞にして私はレールから直接集電するコレクターシュウを使用した製品の例を知りません。やはり車輪6枚か、車輪4枚+コレクターシュウ2個か、この辺りが快調に走行させられる最低限度の数量と言う事であるようです。

車軸配置が0-6-0ですから、当然乍ら先輪も従輪もありません。この点では2-6-2(プレーリー)機と対照的です。恐らくは0-6-0機は低速運転前提で、入換用とか、本線に出て行くにしても余り高速での運転をしない列車などに充当することを想定しているんじゃないかと思います。このような傾向は、0-8-0や0-10-0になると更に顕著になります。



模型の0-6-0機

Nov 1, 2017.

模型の場合も実物も、車軸配置が0-6-0となる機関車はタンク機が中心となります。16番ゲージの鉄道模型としては天賞堂のCタンク機、カツミの南薩鉄道5号機、カワイモデルのCタンク機を挙げることが出来ます。

天賞堂のCタンク機はダイキャスト製の少々大柄な機関車で、ボールドウィンの車輛を模型化したと称している車輛です。一説に拠るとピッツバーグ製の蒸気機関車を模型化する際に。誤ってボールドウィン製だと思い込んでしまって製品化したのだそうですが、果たして真相は如何に?。

カツミの南薩鉄道5号機は非常に日本的な穏やかな外観をした機関車です。実物は汽車会社製だったと思いますが、相模鉄道にも保存されている同型車があったりするかなり有名な車輛です。日本的なローカル私鉄の機関車としては最適な車輛と言えるでしょう。

カワイモデルのCタンク機は上の2車種と比べると少々異質な存在です。それと言うのも「自由型」とは称しているものの、実は尾小屋鉄道の5号機がC155と名乗っていた時代の企画らしく車番も全く同じです。この機関車、実物はナローゲージの車輛ですが、カワイにはこれ以外にもD&RGW鉄道のナローゲージの機関車を普通の16番ゲージ的な大きさで模型化した車輛も製品化されています。

ドイツ型の機関車では80型・89型なんて辺りが有名です。メルクリンの89型、この機関車はスターターセットには軒並み入っているようですから果たして何10万輛売ったものやら。トリックスのT-3はNゲージですが、学研時代にTMS誌に毎号広告が出ていたので流石にNゲージ門外漢の私でも知っています。アメリカ型は、、、車軸配置が0-6-0の目ぼしい機関車なんてあったかなぁ。



実物の0-6-0機

Nov 1, 2017.

車軸配置が0-6-0となる機関車(ボールドウィン製Cタンク機)。
蒸気が上がっていてキャブ周りが判然としなくなっていますが、明治村で静態保存されているボールドウィン製のCタンク機です。この車輛を肥大化?させると天賞堂製のCタンク機に良く似た形状の車輛が出来上がります。2010年(平成22年)1月、博物館明治村(愛知県犬山市)にて撮影。



車軸配置が0-6-0となる機関車(H.K.ポーター製Cタンク機)。
かなり可愛らしい感じの機関車ですが、H.K.ポーター製のCタンク機で、加悦SL広場に静態保存されています。2010年(平成22年)5月、加悦SL広場(京都府与謝郡与謝野町)にて撮影。



車軸配置が0-6-0となる機関車(H.K.ポーター製Cタンク機)。
H.K.ポーター製のCタンク機で、サドルタンク機です。此処までサドルタンクが長ければ、補重するには好都合かも。



車軸配置が0-6-0となる機関車(ブルックス製Cテンダ機)。
ブルックス製のCテンダ機です。テンダ自体がかなり背が低く、後部がスローピングバックになっている点からすると、入換機のようです。ロードネームはGN(グレート・ノーザン)。



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁