パナソニック(Panasonic)製品について

Oct 1, 2016.

パナソニック(Panasonic)製品、、、要するにナショナルと言うか松下と言うか家電や重電機製品も含む総合電機メーカーの製品です。突然変異的に突発的に売り出すテクニクス・ブランドの超高額商品を除けば、比較的常識的でリーズナブルな価格帯の製品が多いです。実は明確にパナソニック製品を私自身が意識するようになったのはテクニクスのSL110と言うアームレスのレコードプレーヤーを使い始めた頃からです。

アームの無いレコードプレーヤーでどうやってレコードを再生するのかと言うと、他社製のトーンアームだけを単体で売っていますから、適当なモノを買ってきて自分で取り付ければ良いんです。確か、日本ビクターのUA-7045と言う10インチのトーンアームを買って来たんだと思いますが、昔のパナソニックにはこんな製品もあったんです。全般に、テクニクス製品には几帳面で端正なデザインの品物が多かったように思いますが、この辺りは現在のデジタルカメラにも相通じるものがあるようです。

カメラの方は、大昔には普及価格帯のフィルムカメラを売っていたように思いますが違うかな?。デジタルカメラもそこそこの高級機種も売り出していました。特に2003年(平成15年)に発表・2004年(平成16年)に発売したDMC-LC1を契機に「パナソニックにもまともなカメラが作れる」と言う印象付けに成功したと思います。前年だったかにエルンスト・ライツとの業務提携をした結果の発露なんでしょうが、「小型で高級で気が利いている」この種の製品を、かなり早い時期に発売したことは大英断だったと思っています。テクニクス時代のコンサイス・コンポを筆頭に「小型・高級・気が利いている」志向は以前から強かったようです。

結果的にはDMC-G1を端緒とするマイクロフォーサーズ規格の製品を売り出したことが契機となって、本格的にレンズ交換式カメラの市場に参入することとなったようです。マイクロフォーサーズ規格以前にも普通に(マイクロフォーサーズでは無い)フォーサーズ規格のDMC-L1を2006年(平成18年)にオリンパス光学と組んで売り出しましたが、アレは何処まで本気でやるつもりだったのか、些か疑問でもあります。そうは言っても、ペンタックス、サムソン、ライカ辺りが初のデジタルカメラを発表した1997年(平成9年)の時点では既に普及価格帯の機種は発売していましたから、決して立ち上がりが遅かったとか言うことではありません。

こうやって書いていると褒めている内容ばかりですが、私が買った頃のマイクロフォーサーズ機の画質は玩具同然の、かなり酷い画質でした。私が使ったことがあるカメラはパナソニックのDMC-G1パナソニックのDMC-GF1の2機種、これ以外にはオリンパスのE-PL1だったかな?、この程度でしかありません。どのカメラも合焦精度が低く、ピンボケ写真の量産にしかなりませんでした。それでもごく稀にはまともにピントが合う写真もあって、その場合には「あれ?、この写真はEOS Kiss X7iで撮ったかな?」と思うような写真もあるのですが、、、ちょっと成功確率が低過ぎます。

WEBマガジン的な媒体で「初期のマイクロフォーサーズ機を使ったことのある方には目を疑うような素晴らしい製品に仕上がっている」とか言うような論調を最近になって見掛けますが、これ、要するに私が使っていたような最初期のカメラはどうしようもないゴミ同然のカメラだったと言うことのようです。パナソニックに恨みはありませんが、金輪際マイクロフォーサーズにだけは手を出したくありません。愚息がオリンパス製のマイクロフォーサーズ機を買ってしまった事は痛恨の極みですけど、本人が自分で選んで自分で金を工面して買ってしまったのですから批判がましいことを言えないのは、、、まぁ、親父の立場なんてこんなものです。