パナソニック・DMC-GF1

Feb 3, 2012.

パナソニック製のDMC-GF1と言うマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタルカメラで、DMC-G1と同一世代、マイクロフォーサーズ規格のカメラとしてはかなり初期の製品です。DMC-G1が2008年(平成20年)10月発売)、DMC-GH1が2009年(平成21年)4月発売であるのに対し、やや遅れて2009年(平成21年)9月に発売になった機種で、DMC-G1とDMC-GH1が1眼レフ風な外観をしているのに対し、レンジファインダーのカメラ的と言うか、目立たずに穏やかな外観のカメラです。

買ったのは2012年(平成24年)の1月なのでもはや新品ではなくて中古美品です。同一世代と言う事で専用電池も同じ型番のものが使用できます。操作方法などもかなり共通していますが、明確に違うのはこちらのGF1の方には動画機能があるのでその辺りでしょうか?。



パナソニックDMC-GF1
パナソニックDMC-GF1



日常的には可動式液晶のDMC-G1の方が主力機ではあるのですが、高機能予備機?として買い求めたものです。と言うよりは、これ以降は散財を正当化する屁理屈に過ぎないわけですが、レンズ交換式カメラは当然乍らレンズ交換中には撮影出来ません。レンズが交換出来ると言う機能は便利なものではありますが、バヨネットマウントだろうがスクリューマウントだろうが使用出来ない時間が僅かながら発生します。どんなに強力な合体ロボットでも合体動作中に敵襲を受ければ為すすべもなくヤラれてしまうのと同様です。どんなに高級・高画質・高価格なカメラであっても、レンズ交換中には撮影できないと言う点は物理的に変えようが無く、レンズ無しで撮影するようなことをすればトイデジカメの足元にも及びません。

レンズ交換を不要にするためには光学30倍の高倍率ズームレンズとかがあれば良いのですが、1/2.3インチ型のCCDを使うようなレンズ一体型デジカメでもなければそのような仕様のレンズは使えません。普通に売られている1眼カメラ用の交換レンズでは光学10倍ズームとかが関の山で、結局、思いついたのは「レンズを交換するためにはレンズを交換しない」と言う訳の判らないウルトラC的解決方法です。必要なレンズの本数分だけ、レンズにカメラを装着した状態で用意しておき、カメラとレンズをセットで丸ごと交換してしまう言う画期的な解決策でした。こう言うことを思いつく私は天才的なひらめきの持ち主です(アホ)。

最近は実物の鉄道車輛よりも和服を着てマイクを持ってステージに立っているお嬢さんと言うか、馴染の演歌歌手のお嬢さん方の撮影をする機会が多いのですが、やはりキャンペーンだとかイベントだとかの限られた時間の中で撮影しようとするとなると、レンズ交換なんかしている余裕はありませんからカメラ装着済みのレンズが常時2本くらいは必要です。そう言うお嬢さん方は撮影される事にはすごく興味があっても、大抵の場合は撮影機材になんかサッパリ興味はない、ご自分が綺麗に可愛らしく写っていればそれだけでOKなわけです。なおかつ「松本は鉄道写真のキャリアが長いから(演歌歌手の撮影も)上手」「松本は(持っているカメラはなんだか高そうで凄そうだから)写真撮影が上手」「アタシを写すならば可愛く写さなかったら許さない!!」と思っているフシもあるので、多少の見栄もあるから間違っても失敗することは出来ないわけです。

実際には失敗写真は無数に発生しているんですが、馴染みの歌手だと写真を差し上げる機会は幾らでもあって、そう言う時には綺麗で可愛らしく写っている写真しか渡さないし、渡すときには「この写真をあげるよ」とは言っても「失敗していない写真だけを選んできたよ」なんてことは口が裂けても喋らないので余計に勘違いされるんでしょうなぁ。

そんなことも勘案すると予備機としては本務機のDMC-G1とほぼ同一水準のカメラが必要だし、予備機であるからには本務機よりも大袈裟ではない方が良いし、本務機はレンズキットの在庫処分品を叩き売りで買ったからボディ相当部分には22000円程度しか支払っていないので予備機はそれ以下の金額だと嬉しいし、、、結局は中古品の通販をやっていてかなり評判の良いマップカメラと言う販売店で買い求めました。支払った金額は送料・代引き手数料は無償サービスになっているので税込16800円でした。結果的にはこの店の対応には充分満足していますし、次の機会にもこの店が最有力購入候補店になると思います。



パナソニックDMC-GF1
パナソニックDMC-GF1。



パナソニックDMC-GF1
パナソニックDMC-GF1。



パナソニックDMC-GF1
パナソニックDMC-GF1。

大袈裟過ぎない点はこのカメラの美点の一つと言って良いと思いますが、私の体格からするともうちょっと大きくて、重くて、グリップも大きめな方が使いやすかったように思います。高級多機能コンパクトカメラと考えれば、決して悪いカメラではありません。