パナソニック・DMC-G1

Nov 14, 2009.

2008年(平成20年)10月に発表されたパナソニック製、、、と言うよりはマイクロフォーサーズ規格の第1号機です。ペンタックス信者?みたいな顔をしていた私が急にマイクロフォーサーズ規格のカメラを買ったのは理由が当然あるのですが、1年経ったら値段がこなれて発売当初の金額の3割引近い金額で売られていたからではあります。それはさておき、「レンズ交換可能なコンパクトデジカメ」「ライブビュー可能」「クイックリターンミラーもペンタプリズム(ペンタミラー)も無い」と言う辺りに共感したからです。以前に予備機として使用していたDMC-LC70に続く拙宅でのパナソニック製カメラ第2号機となります。



パナソニック/DMC-G1
パナソニック/DMC-G1



普通の電子回路を持たない銀塩1眼レフであればクイックリターンミラーもペンタプリズム(ペンタミラー)も必要不可欠ですが、画像を電子的に処理しているデジタルカメラであれば、ライブビュー的な液晶ディスプレイさえ持っていればそれらのモノは本来は不要な筈です。画質が良くてレンズを交換してもパララックスを生じないカメラが欲しいから1眼カメラが使いたいのであって、バタバタ動く鏡や、クライスラーが倒産し掛かったような変なプリズムが欲しくて1眼レフのカメラを買うわけではありません。そのように考えればDMC-G1と言うカメラは私自身の中にあっては極めて合理的なカメラです。

この文章を書いている時点でこのDMC-G1以外のカメラは全て単3電池駆動のものばかりですから、今更専用リチウムイオン電池しか使えないカメラを買うことに抵抗を感じなくはなかったのですが、単3電池に拘るとコンパクトデジカメの上級機ではキヤノン以外には全く期待出来るメーカーが無いし、デジイチではペンタックス以外に単3電池駆動機を期待出来ないけれどペンタックスにはもうこりごり、、、。そのようなわけで、単3電池については諦めて手を打つことにして思い切って専用リチウムイオン電池しか使えないこの機種に手を出したような次第です。

この文章を書いている時点でマイクロフォーサーズ規格のカメラは複数出ていますが、ハイビジョン動画の撮影には余り興味が無い、同じパナソニック製でもDMC-GF1はこの文章を書いている時点では未だ値段がこなれていない上に液晶が可動式では無い、今更オリンパスの軍門に下りたくない、と言うような、理屈になるようなならないような理由に基づいて、買って来たのは赤いDMC-G1です。但し、単純に「赤」と言ってもかなり落ち着いた上品な色です。若い変なお姉ちゃんタレントを使わずに、比較的年齢の高い女優さんを起用して「女流一眼」とやった広告のセンスは悪くありません。本当は、若くて、可愛くて、歌が上手な女性演歌歌手を起用してくれれば良かったのですが、、、。

因みに一眼で赤いカメラと言うのはかなり目立つ存在なので、却って好都合なことがあります。初対面にも拘らず「(変な色?で御大層な)カメラを持っているので松本さんだと思いました~」と言う歌手の人が一人、客席で座って開演を待っていたら「松本さんですよね~?」と楽屋からわざわざ出てきて握手しに来てくれた歌手の人が一人、、、目立つカメラも悪いものではありません。



パナソニック/DMC-G1
パナソニック/DMC-G1



パナソニック/DMC-G1
パナソニック/DMC-G1



パナソニック/DMC-G1
パナソニック/DMC-G1



パナソニック/DMC-G1
パナソニック/DMC-G1



パナソニック/DMC-G1
パナソニック/DMC-G1



電池について

Nov 14, 2009.

DMC-G1の専用充電器と、リチゥムイオン充電池です。冒頭にも書きましたが、拙宅のデジカメは過去に所有していた機種を含めDMC-G1以外のカメラは全て単3電池駆動のものばかりですから、今更専用リチウムイオン電池しか使えないカメラを買うことに抵抗を感じなくはなかったのですが、、、まぁ、早い時期にキヤノンがマイクロフォーサーズに参入してくれれば単3電池が使えるカメラが出て来ると思うのですが、、、この辺りは仕方の無い話なので諦めてリチゥムイオン充電池を使うカメラで手を打ちました。



パナソニック/DMC-G1のリチゥムイオン充電池と充電器の写真
パナソニック/DMC-G1のリチゥムイオン充電池と充電器の写真



容量の問題もありますが、大雑把に満充電の単3エネループ電池4本を装填したキヤノンのパワーショットA650ISとDMC-G1とで比較すると、僅かにA650ISの方が撮影可能コマ数が多いかな、と言う程度です。それでも単3エネループ電池4本の重量は104g、DMC-G1用のリチゥムイオン充電池1個の重量は55gですから、悪い数字ではありません。

私自身の使い方を勘案すると、満充電のリチゥムイオン充電池が1個か2個程度あれば、内蔵ストロボを発光させっぱなしにでもしない限り1日分の撮影には充分な容量だと思っています。これ以上は電池が長持ちしたとしても、私の方が体力的にノビてしまいそうですから。



レンズについて

May 25, 2012.

パナソニック/DMC-G1
パナソニックのマイクロフォーサーズ機は原則としてレンズ内手ぶれ補正です。「原則として」と言うのは単焦点のパンケーキレンズなどには手ぶれ補正機構を収納する物理的な余裕が無いからかもしれませんが、手ぶれ補正機構は入っていないからです。でもって、カメラボディ側で手ぶれ補正の制御はしますが、これはあくまでもカメラがレンズを制御しているだけであって、手ぶれ補正機構を持たないレンズであれば手ぶれ補正機能は当然働きません。手ぶれ補正に限って言えば、ボディ側がクハ相当、レンズ側がモハ相当ですな?。

レンズキットと称して販売されているH-FS014045と言う型番の14~45mm(ライカ判換算28~90mm)の標準ズームレンズなどは「MEGA O.I.S」と言うな機構が内蔵されているので手ぶれ補正が可能ですが、このスイッチを切っておけば手ぶれ補正機能は働きません。また、DMC-GF1と同時期発売された20mmパンケーキレンズは手ぶれ補正機構自体がありません。

序でに書くと、オリンパス製のカメラはボディ内手ぶれ補正なのでレンズには手ぶれ補正機構を持ちませんから、パナソニックのマイクロフォーサーズ規格のカメラではオリンパス製のレンズを装着すると手ぶれ補正ができません。オリンパス製カメラのようにボディ内手ぶれ補正にしておけばどんなレンズを使っても補正出来て便利だと思うのですが、オリンパスはE-P1もE-P2も液晶ディスプレイが可動ではなくて私には使いにくくて仕方がないので、、、。自分自身としては、体調が良ければライカ判換算400mm相当までのレンズで日中屋外撮影だったら、手ぶれ補正機構が無くてもどうにかなるかなぁ、と言う処です。

上の写真のレンズはレンズキットの一部として販売されている標準ズームレンズです。ライカ判換算で28mm~90mmですから、この焦点距離はライカのトリエルマーを意識したのではないかと邪推しているのですが、このレンズは画角が中途半端なので余り欲しくなかったんです。それでも渋々買ったのは「ボディ単体+単売レンズ」と言う買い方をするとかなり割高になってしまうからです。「ボディ単体」「レンズ単体」「レンズキット」として販売されているものの売価を比較すると、レンズ単体での販売金額は30000円前後、このレンズキットでのレンズ相当部分の金額は5000円程度にしかなりません。5000円のボディキャップだと思えば腹も立たないのでまぁいいか、と思って買ったような次第です。大体、ボディ単体で販売されているものは黒色しかなくて、マミヤ製以外の黒いカメラは私の好みに合いません。

諸々の制約を抜きにして好みの問題だけから行くと、オリンパス光学製で手ぶれ補正機能を持たない17mmパンケーキのシルバー色との組み合わせが、このDMC-G1の赤いボディとの組み合わせでは一番似合うんじゃないかと思います。パンケーキレンズだと、マウント面からの突出量が大雑把にグリップの突出量と大差ありませんから、持ち運びの点でも非常に便利です。17mmと言うのはライカ判換算で34mm相当の画角となりますから、流石にこんなに焦点距離の短いレンズでは手ぶれ補正機構が無くてもまぁいいか、と言う気分にはなります。

悩むべくはやはり現時点でのレンズの少なさでして、もう数社はフォーサーズ・マイクロフォーサーズ陣営に参入して実際に製品を出してくれない事にはどうにもならないのではないかと思います。最近ではシグマがDNシリーズと言うミラーレス1眼専用のシリーズを発売したり、意地でもAFに対応するつもりは無いみたいですがコシナ製のフォクトレンダー・ブランドのレンズが発売されていたりと、少しづつではありますが陣容は充実しつつあります。



アスペクト比のこと

Nov 14, 2009.

このカメラは撮影画像のアスペクト比、と言うか縦横比を変えることが出来ます。但し、「変える」とは言っても高さ方向を切り捨てているだけですから、はっきり言って詰まらない仕掛けです。こんな子供騙しみたいな仕掛けを作らなければいいのに。

それは兎も角、カメラ自体は1200万画素ですから、目一杯受光素子の能力を有効活用?して撮影するとアスペクト比が4:3の場合で横幅4000ピクセル×高さ3000ピクセル=1200万画素と言う計算が成り立ちます。一番詰まらない使い方はアスペクト比が16:9の場合で横幅4000ピクセル×高さ2248ピクセル≒900万画素、アスペクト比が3:2だと横幅4000ピクセル×高さ2672ピクセル≒1070万画素、となります。

鉄道車輛は左右方向にひょろ長い場合が殆どですからアスペクト比は16:9でもいいんですが、それだったら横幅4000ピクセル×高さ3000ピクセル=1200万画素ではなくて、横幅5000ピクセル×高さ2400ピクセル=1200万画素とかになっていてもいいんじゃ無いか、所詮はレンズ交換式カメラの最大の需要層は鉄っちゃんとカメ小(グラビアアイドルを激写するカメラ小僧)だと思うので、鉄っちゃんは横位置、カメ小は縦位置で撮影するように宣伝すれば爆発的にカメラが売れる、、、んなわけないな。

実は拙宅のエプソン製複合プリンタにはメモリカードを挿入すると、PCに接続しなくてもそのまま印刷する機能があります。この機能、メモリカードを挿入してそのまま放置しておけばよいので非常に便利な機能なんです。処がこの機能を使って撮影した画像を印刷しようとすると、2:3のアスペクト比で高さが所定の寸法に治まるように印刷してくれます。16:9とかで撮影した画像はどうなるかというと、左右を切り詰めて2:3化?して印刷してくれます。もしかしたらこの現象を回避する方法はプリンタのマニュアルの何処かに書いてあるのかも知れないですが、そんな方法を探すよりも2:3のアスペクト比で撮影するようにした方が回避方法としては簡単なので16:9のアスペクト比は使わないように決めてしまっています。なによりも、A4用紙自体が2:3程度のアスペクト比なので、撮影する画像自体もそれに準じておいた方が面倒がありません。