パナソニック・45mm~200mm

Dec 19, 2009.

ダブルズームキットなどにも使われている45mm~200mmの、マイクロフォーサーズ規格の望遠レンズです。ライカ判換算で90mm~400mm相当ですから、望遠効果?は相当なものです。



パナソニック/LUMIX 45mm~200mm望遠ズームレンズ
パナソニック/LUMIX 45mm~200mm望遠ズームレンズ



この文章を書いている時点で、マイクロフォーサーズ規格のレンズを販売しているのはオリンパス光学とパナソニックですが、オリンパス光学はボディ内手ぶれ補正であるのに対して、パナソニックはレンズ内手ぶれ補正です。要するにオリンパス光学のボディを持っているならばどんなレンズを取り付けても手ぶれ補正は有効ですが、パナソニックはそう言う単純な話にはなりません。

その一方で、これまたこの文章を書いている時点で液晶可動のマイクロフォーサーズ規格のカメラはパナソニックしか販売していないので、パナソニックのボディ(=DMC-G1)を買ってしまった、だから手ぶれ補正が欲しい立場としてはパナソニックのレンズを買わざるを得ないと言う事になります。但し、パナソニック製のレンズと言えども、パンケーキレンズの20mm/F1.7に関しては手ぶれ補正機構が入っていません。「入っていない」と言うよりは鏡筒の体積が小さいので「入らない」と言うことなんでしょうか。

DMC-G1レンズキットにオマケで付いてきた14mm~45mmの標準ズームレンズは「標準ズーム」と言う名の通りに望遠側は全く物足りないのでいっそのこと叩き売ってしまい、同じくパナソニック製の14mm~140mmのハイビジョン動画対応高倍率ズーム1本槍にしてしまおうかと思わなくもなかったのですが、実はこのレンズ、かなり高額です。実売で100000円近い金額だったかと思います。そこまでの予算はちょっと準備出来かねるのと、こちらの45mm~200mmの望遠ズームならば、ライカ判換算で400mm相当の画角まで行けて手ぶれ補正も利くし、実売価格も40000円を僅かに切りますから思わずこちらに転んでしまいました。金額に目が眩んだとも言います。



パナソニック/LUMIX 45mm~200mm望遠ズームレンズ
パナソニック/LUMIX 45mm~200mm望遠ズームレンズ



標準ズームの14mm~45mmのレンズと並べてみました。こうして見ると親子程の違いがありますが、フィルタ径は52mmで共通です。だから、14mm~45mmの方は単なる大根の切り売り?みたいですが、45mm~200mmの方はマクワウリの両端を切り落としたような、いささか剽軽な外観となります。因みに、この文章を書いている時点で買おうと思っているオリンパス光学のマイクロフォーサーズ用9mm~18mmの広角ズームレンズもフィルタ径は52mmになるようですから、拙宅のマイクロフォーサーズ用レンズは、当面は全てこの寸法で揃えることができそうです。

フィルタ径が小さいと言うことはフロントコンバージョンレンズを取り付けた際にもケラれが発生しにくいと言うことに繋がります。手持ちレンズの中ではキヤノンのパワーショットA650IS用のものが該当しますが、焦点距離400mm相当のレンズを今更どうのこうの、と言うのもなんとなく空しいので未だ試してはいません。

パナソニックのレンズの外装の色味はどちらもガンメタル調のグレイッシュ・ダークベージュ・メタリックとでも言うべきものです。プラスチックの鏡筒に塗装して仕上げたモノのようですが、この辺りの間隔は如何にも家電製品を扱っている会社らしいと言う印象があります。普通にカメラメーカーだったら、こう言う色の使い方はしないんじゃないかと思います。まぁ、赤メタリックのカメラも普通のカメラメーカーは作らないと思うので、この組み合わせでもそれ程嫌味な感じは受けません。

但し、個人的な色の好みを言うと、レンズの鏡筒の色合いとしてはオリンパス光学の製品のような銀色なので、内心オリンパス光学の製品の方が良いなぁ、と思わないでもありません。パナソニックのマイクロフォーサーズ規格のカメラは外装色は複数あるにも拘わらず、レンズの外装色は鉄道省指定茶色1号メタリック?がくすんだみたいなこの色1種類しかない点が少々不満です。ペンタックスのK-mだったかみたいに、色変わり製品が100種類も用意してありますなんてのも、ちょっとどうかと思いますけど。



パナソニック/LUMIX 45mm~200mm望遠ズームレンズ
パナソニック/LUMIX 45mm~200mm望遠ズームレンズ



DMC-G1に取り付けて、レンズフードも展開してみた処です。わざわざ大きく見えるようにして撮影したわけですが、流石に巨大で「マイクロフォーサーズ規格のカメラは小型軽量」なんて話は雲散霧消してしまいます。同じパナソニックのDMC-GF1とか、オリンパス光学のEP-1/EP-2辺りのカメラに取り付けたら、ライカのカメラにアポテリートでも装着したように見えて格好良いかも。

そうは言っても焦点距離の長いレンズは鏡筒を左の掌で支えるように保持して撮影しますから、多少は大きめ、太めでなければ、却って使い勝手が悪くなってしまいます。それでも以前に使っていたタムロンの28mm~300mmの高倍率ズームレンズなどと比べれば、遙かに小型軽量です。比べる相手が悪いか。

ライカ判フルサイズや、APS-Cサイズ用のレンズに比べれば遙かに小型軽量であることは間違いはなく、私の中では充分に使いやすい大きさのレンズだと言う思いはあります。実は以前に使っていたマミヤプレス用の250mm/F5だったかは、電信柱をブツ切りにしたような太々しいレンズでフィルタ径に至っては105mmです。馴染みのカメラ屋さんに保護フィルタの取り寄せを依頼したら「フィルタの代金が10000円に近いけど、ホントに発注しちゃって良いんですか?」と問い返されたことを思い出しました。それに比べたら、このレンズなんざ小さい小さい。



ライカ判換算焦点距離90mm~400mm
(実焦点距離は45mm~200mm)
絞りf4.0~f5.6
レンズ構成13群16枚
フィルター径φ52
寸法φ70×100
重量約380g
発売日2008年(平成20年)10月31日