パナソニック・20mm/f1.7

Apr 1, 2013.

過去に保有していたレンズを含め、拙宅内で最も明るく奥行きの短い、いわゆるパンケーキ型レンズです。これに次ぐ明るいレンズは過去に使っていたレンズを含めるとオリンパス・45mm/f1.8、以前にオヤジから巻き上げたスーパータクマー・50mm/f1.8、キヤノン・EF50mm/f1.8シグマ・18mm~35mm標準ズームレンズの4本のレンズです。マイクロフォーサーズ規格の製品全体としてみてもかなり明るい方で、開放f値の数字が半端ですが現状ではパナソニック製ズミルックス25mm・f1.4と、コシナ製フォクトレンダーのノクトン25mm・f0.95に次ぐ明るさです。

但し、少々厚みはあるのでキヤノンやペンタックス辺りの本当に薄いパンケーキレンズに比べるとかなり厚みが目立ちます。恐らくは、余り極端なパンケーキ性?は考えていなくて、普通に明るい単焦点レンズを作ろうとしたらこのサイズになったと言うことじゃないかと思います。余りにも薄っぺらいレンズだと、レンズの支えようがなくて左手が手持無沙汰なので少々使いにくいような気もしますから、このレンズくらいの方が使い易いような気がします。



パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ
パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ



奥行きの短いパンケーキ型レンズと言う点では、私自身としてはインダスター50のf3.5だったかに次ぐ2例目のレンズです。序でに書くと、ペンタックスの*istDSだったかを買い求めた際に某カメラ量販店のアホな店員氏が「パンケーキレンズは如何ですか、パンケーキって良いですよ」とか口走りまして、その時点では私は屋外での鉄道写真専業だったのでズームレンズで用が足りていたので単焦点のパンケーキレンズを使うつもりは毛頭なかったので全く相手にしませんでした。本気で売るつもりがあるんだったら「何処が良いの?」と客に聴き返された時に黙り込むなよ。

顧客の嗜好を確かめもしないでセールスが出来ると思っているわけですから、惣菜を買いに来た顧客に毛布を勧めているようなもので、それでホントに売り上げが作れるならば随分と気楽な商売です。もっとも、この時はレンズキットでは無くてカメラのボディだけを買い求めたような記憶があるので、相当にエンスーな客だと買い被られたのかもしれないですが、それだったら31mm、43mm、77mmなんて辺りを勧めろよこの野郎。



パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ
パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ



ライカ判換算で40mm相当の、ちょっと画角が広めのレンズです。その昔の銀塩コンパクトカメラに良くあった焦点距離のレンズで、序でに書くとキャノネットだったかにも開放f値がf1.7のカメラがあったような記憶があります。だからインターネットの検索サイトで「40mm f1.7」なんて検索をすると、やたらにキャノネットがヒットしたりすることになるわけで、古い話を知らないと「なんなんだ?」と訝しがることになります。

このレンズ、ライブハウス的な場所でマイクを持って振袖を着た若いお嬢さん(=演歌歌手)を撮影する機会が増えつつあるので買ったような次第です。ポートレート用と書くと格好が良すぎますが、撮影した写真は次に会う時にご本人に渡す都合もあったりすると言う重要な用途もあるので、明るい単焦点レンズはもう少し増やすつもりでいます。

パナソニック製のレンズに関して言えば、DMC-GH3と同時期に発売したレンズで開放f値がf2.8固定のかなり明るいズームレンズもあるのですが、明るいとは言ってもf2.8に過ぎない事と、一旦ステージ撮影を始めると私は座席移動はほぼしないので焦点距離の異なる単焦点レンズが複数あれば困らない、、、レンズを買い増しするための口実ですな。



パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ
パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ



DMC-GF1との組み合わせ使用を想定しているらしいのでメーカーの思惑通りの組み合わせにしてみました。序でに書くと、このレンズの説明書に出てくるイラストのカメラはGF1なんだそうです。発売時期が時期だけにGF1かG1しか取説の挿絵に使うカメラは無い訳ですが、、、奥行きは短いもののそれなりの大きさはあるのでカメラボディからレンズがはみ出しそうな雰囲気です。それでも、一部のズームレンズを取り付ける場合のような、別売オプションの三脚台座を取り付けなければならないと言うようなことはありません。



パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ
パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズ



ドレスアップと言うか、ケンコー製の銀枠のフィルターと、エツミ製の銀色のメタルフードを装着してみました。以前からの習慣で、天候云々とかに拘わらず保護フィルターとレンズフードは装着しっ放しにしているので、これが私の通常撮影の状態と言う事です。銀色にしたのはあくまでも審美眼的?な問題であって他意はありません。さすがにピンク色が好きな私でも、フィルタ枠の色がピンクのものを買ってくるつもりは(現状では)ありません。

この状態で内蔵のポップアップストロボを発光させてもケラれは生じません。もっとも、標準ズームレンズだとか、単焦点の標準レンズだとかを装着して内蔵ストロボを発光させた際にケラれが生じたのでは明らかに設計ミス以外の何物でもないですけど。序でに書くと、エツミ製のフードも設計段階からこのレンズに装着することを想定しているようなので、ケラれが発生しないのはこれまた当然であるとも言えますが。

このレンズ、5群7枚構成です。第2群と第5群が非球面レンズで、それぞれ1枚のみです。第3群と第4群が2枚構成で、第1群と第2群、第4群と第5群がかなり近接して配置されています。こうやって文章で書くと実に判りにくいですが、全体としては3群4枚構成のテッサー型っぽいレンズ配置です。14mmレンズも同様ですが、奥行きが無くて手ぶれ補正用レンズを入れる余地が無いからなのか、、、手ぶれ補正はできません。

この辺りはボディ側には手ぶれ補正を制御する機能しか持たせずに、手ぶれ補正機構自体はレンズ側に持たせているパナソニックのカメラの弱点と言えなくもありません。ボディ側に手ぶれ補正機構も持っているオリンパス製のカメラであればこのレンズでも手ぶれ補正は出来るわけで、結果としてはパナソニックのレンズでありながらパナソニックのカメラに装着した場合には手ぶれ補正は出来ないと言う皮肉な現象が発生します。

もう一つ、これもレンズの奥行きの短さに起因することかも知れませんがAFが動作する際にそれなりの動作音が発生します。当然乍ら動画撮影時にはAFの動作音も入ってしまいます。この辺りはパナソニックの意地汚い処ですが、「動画撮影不可」とは書かずに「動画撮影時には音声無しで」と取扱説明書だったかには書いてあります。今時、トーキーではない動画を撮ってどうしろと言うのか知りませんけど。



パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズでの撮影例
パナソニック/LUMIX 20mmパンケーキ型標準レンズでの撮影例、開放端(f1.7)での撮影です。まつ毛に合焦させると、鎖骨は綺麗にボケ始めます。モデルのお嬢さんは演歌歌手の千原愛理さんです。



ライカ判換算焦点距離40mm(実焦点距離は20mm)
絞りf1.7
レンズ構成5群7枚
フィルター径φ46
寸法φ63×25.5
重量約100g
発売日2009年(平成21年)9月18日


関連リンク