パナソニック・14~45mm標準ズームレンズ

ダブルズームキットなどにも使われているパナソニック製で14mm~45mmの、マイクロフォーサーズ規格の標準ズームレンズです。ライカ判換算で28mm~90mm相当ですから、率直に言ってコンパクトデジカメ用のレンズと比較してもズーム倍率は大差ありません。それでいて開放f値はf3.5~f5.6ですからかなりショボいです。まぁ、一番最初に手を出すレンズとしては無難な存在だとは思います。パナソニック製のレンズなのでレンズ内手ぶれ補正機構付きです。



パナソニック/DMC-G1と14~45mm標準レンズ



パナソニックのボディ(=DMC-G1)を買って使っていますので手ぶれ補正機構があることは非常にありがたいのですが、なんとなくオリンパス光学製の同種のレンズに比べるとずんぐりむっくりした感じになっているような気がしますので、なんとなく複雑な心境です。もうちょっと小型・軽量にしてくれれば良かったのに、、、と思わないでもないですが、これはナイモノねだりでしょうか。単体重量では192gですから充分に小型軽量なんですが、オリンパス光学製の9mm~18mmの広角ズームレンズを買ってしまった今となっては少々大きめ、重めに感じるのは止むを得ない処でしょうか。

一時は望遠端が物足りないので叩き売ってしまって、同じパナソニック製の14mm~140mmのハイビジョン動画対応高倍率ズーム1本槍にしてしまおうかと思わなくもなかったのですが、結局は45mm~200mmの望遠ズームレンズを買い足してのダブルズーム体制になって現在に至ります。こう考えてみるとちょっと回り道になってしまいましたが、シグマかタムロンがAFが使えるマイクロフォーサーズ用の高倍率ズームレンズを売り出すまでは、現状を維持しようかと考えています。



パナソニック/LUMIX 14mm~45mm標準ズームレンズ

レンズ内手ぶれ補正のスイッチです。手ぶれ補正の仕方はカメラ側で制御しますが、手ぶれ補正それ自体のon/offの切り換えはレンズ側で行います。当然乍ら補正機構の絶対的な大きさというものは全くのゼロにはできませんから、概ねパナソニック製レンズの方がオリンパス光学製のレンズよりも大きくて重い、と言う図式が成り立ちます。現実に、小型軽量を狙いすぎた?からなのか、パナソニック製レンズの中でも20mmパンケーキレンズは手ぶれ補正機構が入っていません。ボディ側で手ぶれ補正を行うオリンパス光学製のカメラではレンズ側に手ぶれ補正機構が入る・入らないなんてことは設計には無関係ですから、やっぱりこっちの方が良いなぁ。



パナソニック/LUMIX 14mm~45mm標準ズームレンズの広角端(28mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。広角端(28mm相当)で撮影。



パナソニック/LUMIX 14mm~45mm標準ズームレンズの望遠端(90mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。望遠端(90mm相当)で撮影。



ライカ判換算焦点距離28mm~90mm
絞りf3.5~f5.6
レンズ構成9群12枚
フィルター径φ52
寸法φ60×60
重量約195g
発売日2008年(平成20年)10月31日