オリンパス製品について

Oct 1, 2016.

以前のオリンパス光学、更に遡ると高千穂光学工業・瑞穂光学工業です。ず~っと縁も無く過ごしてきましたので、大して書くことがありません。その昔、中学校時代の友人がオリンパス・ペンを使っていたとか、強いて言えば私自身は一時期オリンパス製のボイスレコーダーを使っていたとか、その程度の消極的な拘わりあいでしかありません。医療機器もかなり手広く扱っているようですが、出くわした記憶がありません。

マイクロフォーサーズ規格とは縁を切ってしまったので、今となっては拘わりあいになることもなさそうです。オリンパス製品に敵意があるわけでもありませんが、このメーカーのレンズの青の発色は好きになれないので、、、うーむ、やっぱり拘わりは無いままで私はあの世に行ってしまいそうです。





オリンパス・M-ZUIKO 9~18mmズームレンズ

May 1, 2010.

オリンパス製のマイクロフォーサーズ用レンズで「M-ZUIKO」と言う名前が付くものです。焦点距離は9mm~18mm、ライカ判換算で18mm~36mmと言う、しばらく前だったら「超」の字が付いた広角ズームレンズです。沈胴(ちんどう)式レンズなんですが、沈胴させるとパンケーキレンズがちょっとぶ厚くなった程度の大きさでしかありません。焦点距離やら画角やらを考えると、如何にマイクロフォーサーズ用レンズとは言えども非常に小型・軽量であることが判ります。

単体重量は153g、オプションの純正フィルターとフードを取り付けた状態でも181gです。パナソニックの標準ズームレンズが単体で191gですから、それを考えると異様に小型軽量です。しかも、この焦点距離でありながらフィルタ径はφ52ですからますます驚かされます。此処まで小型化できたのは、合焦用にモーターが駆動するレンズをたった1枚だけで済ますようにして、1枚のレンズだけだったら合焦用モーターに直結しておいても事足りるから、駆動用の余分なギヤ類が入らないで済むから、と言うことでもあるようです。

オリンパス光学の製品を買うのは、私は初めてです。パナソニックには7mm~14mmと言う、ライカ判換算で14mm~28mmと言うかなり驚異的な画角のレンズがあって食指が動かなくもなかったのですが、レンズ先端に保護フィルターを取り付けることが出来ないので止めました。やはり、前玉保護のためのフィルターが取り付けられないレンズは恐怖心が先に立ってしまうので買おうと言う気になりません。

実は、同じマイクロフォーサーズ規格と言えども、パナソニックはレンズ側で手ぶれ補正をするのに対して、オリンパス光学側はボディ側で手ぶれ補正をしています。そのために、レンズに手ぶれ補正機構を持たせていないオリンパス光学製のレンズをパナソニックのカメラ本体に装着すると手ぶれ補正は全く利かなくなります。反面、オリンパス光学製のカメラであればレンズの種類は不問で手ぶれ補正することができます。最新型のレンズであっても、ダゲレオカメラに付いていたレンズやベス単用のレンズであっても手ぶれ補正することが出来るわけですから、コレは随分と凄い話です。私は、、、手ぶれ補正機能があった方が便利であることは確かですが焦点距離の短いレンズだから、手ぶれ補正はなくても良かろうと割り切りました。やせ我慢みたいなものです。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズ
オプションのレンズフードLH-55Bを取り付けて、レンズを撮影状態にしてみた処です。沈胴式レンズなので止むを得ないですが、黒い筐体でくびれちゃうのはなんとなく不自然な気がします。まぁ、気がすると言うだけですが、、、。銀色の筐体だったらロシアライカ用のインダスター50だったかのような雰囲気になりそうです。塗り替えちゃおうか。

沈胴状態の方が格好は良いと思うのですが、沈胴した状態では合焦しません。それだけでなくて、何らかの電気的なロックでも掛けているのか沈胴状態ではシャッターが切れません。取扱説明書には「沈胴状態では撮影できない」と言うようなことが書いてありますが、パナソニック製のカメラ(DMC-G1)を使っていてオリンパス光学製のレンズ側でカメラのシャッターを制御出来るようになっているとは予想外でした。「沈胴状態のままではピンポケ写真の量産になるかな?」程度には考えていたのですが、この辺りもきちんと規格化されているみたいです。

実は以前にマミヤの沈胴式レンズのカメラ(マミヤプレス)を使っていまして、このカメラは単純なレンジファインダーのマニュアルカメラですから、迂闊にもレンズを沈胴させたままで撮影してしまったことがあります。当然ファインダー内だけで合焦していてもフィルム面には全く反映していないわけで、恥ずかしながら見事に全滅させてしまったことがあります。やはり、この手の安全機構は備えておいてくれた方がありがたいです。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズ
パナソニックの標準ズームレンズと並べてみました。どう考えても、標準ズームレンズの方が広角ズームレンズに見えてしまうのでなんとも愉快です。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズの広角端(18mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。広角端(18mm相当)で撮影。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズの望遠端(36mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。望遠端(36mm相当)で撮影。



ライカ判換算焦点距離18mm~36mm
(実焦点距離は9mm~18mm)
絞りf4.0~f5.6
レンズ構成8群12枚
フィルター径φ52
寸法φ57×50
重量約155g
発売日2010年(平成22年)4月23日


オリンパス・14mm~150mm標準ズームレンズ

June 3, 2010.

M ZUIKO 9~18mmに続く、拙宅2本目のオリンパス光学製レンズで,ライカ判換算で28mm~300mm相当の高倍率ズームです。これまた小型軽量で実測僅か255gでしかありません。銀塩時代の標準レンズにちょっと毛が生えた程度でしょうか。流石にM ZUIKO 9~18mmよりは少々大振りで、フィルタ径はφ58となっています。それでも、DMC-G1用の純正ソフトケースに、このレンズを装着した状態でどうにかこうにか収りますから凄いものです。

「純正ソフトケース」と言うのは、レンズキット付属の標準ズームレンズ(14~45mm)を装着した状態のボディーが収る、と言うことに他ならないのです。要するに、この「M-ZUIKO 14mm~150mm」と言うレンズは、一般的な標準ズームレンズと大差無い大きさ、と言うことです。流石に、レンズフードを取り付けた状態で収納するとこは無理だと思います。

広角ズームレンズに続いてこちらの、ライカ判換算で28mm~300mm相当という高倍率ズームを買ったのは、実は某所に撮影に出向いた際に散々後悔させられまして、発作的に買ったようなものです。良くある話ですが、こちらが撮影していようが何をしようが走っている電車は止まって待ってはくれない。例えば、時速300km/hで走っている新幹線は遙か彼方だったら望遠レンズを使うし、目の前まで来ればもっと焦点距離の短いレンズを使う。その過程の中でレンズ交換は必要なわけでその間電車が止まって待っていてくれる、、、なんて都合の良い話はないわけです。子供の運動会や入学式で「その入場行進、レンズを交換するからちょっと止まって待っててくれ」と言うわけには行かないのと同様な理由ですが、大抵はこの種の事が切っ掛けになって高倍率ズームを買う事になるようです。

因みに私の場合は某電鉄会社の車庫公開日に目当ての車輛がおりまして、「未だ暫くは動かないだろう」と思って標準ズームでのんびり撮影していたら突然走り始めてしまい、なすすべもなく見送る羽目に陥ってしまって後悔した、とまぁ、こう言うことなんですな。あ~あ。



オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズ
DMC-G1に装着してみた処です。こうしてみると、ちょっとやそっとでは高倍率ズームとは見破れません。50年くらい前の、1眼レフの黎明期に出ていた焦点距離が60mmに近いような標準レンズを取り付けたとか、そのような雰囲気です。この状態が広角端です。



オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズ
望遠端まで鏡筒を引き延ばした処です。レンズの前半分が妙にひょろ長い感じで格好悪くなってしまうのは、この種のレンズの宿命と言うべきですかな。この2枚の写真を撮影してから気がつきましたが「デジタルキング」とか言うブランドの超薄型レンズプロテクタを取り付けて撮影しています。「デジタルキング」と言うのは、コンバージョンレンズを多数手掛けているトダ精光だったかのブランド名です。

オリンパス製レンズフードLH-61C レンズフードは別売りで「LH-61C」と言うプラスチック製の花形のもので標準ズームレンズの14mm~42mmに付属しているものと同じものです。いわゆる花形フードで格好悪くは無いのですが、なんとなく安っぽく見えてしまうような気がします。装着方法は、ごく簡単なバヨネット式です。取り付け部分も勘合が甘く、外れやすいのが難点です。

このフードのお陰で、多分にレンズ全体の商品価値を下げているように思います。

オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズの広角端(28mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。広角端(28mm相当)で撮影。



オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズの望遠端(300mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。望遠端(300mm相当)で撮影。



後日談

Dec 9, 2011.

普通に使っている分には全く不満がなかったレンズですが、何分にもボディ内に手ぶれ補正機構を持たないパナソニック製のボディとの組み合わせでは、このレンズには手ぶれ補正が使えないと言う事になります。オリンパス製のボディであれば手ぶれ補正機構はカメラボディ側に持たせてあるので問題はないのですが、オリンパスのボディはE-PM1だったかのAFが余りにもトロ過ぎて、オリンパスのボディは二度と使いたくないので話になりません。

結局はレンズ自体に手ぶれ補正機構を持たせてあるパナソニックの標準ズームレンズ(14mm~140mm)を買ったのを切っ掛けに、こちらのレンズはネットオークションで売り飛ばしてしまい、拙宅には現存しません。日中屋外の鉄道写真の撮影にのみ使うのであれば全く支障は無かったのですが、振り袖を着てマイクを持っているお嬢さん(=演歌歌手)の撮影をする機会が多くなると、手ぶれ補正が使えないレンズではかなり支障を生じます。光量が少ない上にストロボを発光させることが躊躇われる場所がかなり多いからです。



ライカ判換算焦点距離28mm~300mm
(実焦点距離は14mm~150mm)
絞りf4.0~f5.6
レンズ構成11群15枚
フィルター径φ58
寸法φ64×83
重量約260g
発売日2010年(平成22年)6月25日


オリンパス・M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズ

Dec 1, 2012.

オリンパス光学製のマイクロフォーサーズ用レンズで、拙宅初のマイクロフォーサーズ用単焦点レンズです。ズームレンズばかりが氾濫している現状では45mm・f1.8と言うスペックはなんとも希少性の高いものになってしまいましたが、40年くらい前だったらかなり安い目の標準レンズに過ぎないようなスペックです。普通の高倍率ズームレンズに比べるとf1.8と言う明るさがなんとも驚くほどの明るさに思えてきます。あくまでも40年前を基準に考えると、大して明るくもなんともない開放絞り値です。

確か、銀塩カメラ時代の一眼レフのボディとのセット売り用の標準レンズでは、安っぽい方が開放絞り値f1.8とかf2.0、高級志向だと開放絞り値f1.4とかだったと記憶しています。もっとも、マイクロフォーサーズ規格では45mmのレンズはライカ判換算で90mm相当の画角を持つ中望遠レンズとなりますから、40年前の標準レンズとは同じ土俵で比較することは意味がありません。このレンズは「美しい背景ボケを手軽に楽しめるママのためのファミリーポートレート用」として販売されているものです。「ファミリーポートレート」と言う文言が些か意味不明ですが、お父さんが自分の馴染みの演歌歌手の撮影用に使ったとしても好都合なレンズです。

マイクロフォーサーズ規格のレンズとしては、この文章を書いている時点では明るい中望遠レンズは僅かな種類しか販売されていません。中望遠自体が少ないのは新しい規格なので仕方が無いですが、明るいと言うだけならばおそらく一番明るいレンズはコシナ製のフォクトレンダーブランドのノクトン25mm・f0.95なんてものがありますが25mm(ライカ判換算で50mm)では焦点距離の面で不満だし、なによりも私の視力ではMFレンズは使用不能です。

中望遠と言う点ではパナソニック製のライカブランドのマクロエルマリート45mm・f2.8でも良いのですが、ライカ製でないライカのレンズに高い金を払いたくないし、なによりも開放f値がf2.8では敢えて不便な単焦点レンズを買うにしては些か不満です。

結局は、落ち着くところは実売28000円+ポイント10%還元程度で買うことができるオリンパス製のこのレンズ、と言う事になります。その一方で、このレンズの価格には不満もあります。キヤノンのEFレンズで50mm・f1.8の単なる標準レンズをEOS-Kissとかに装着すれば、このオリンパス製の単焦点レンズと同じ程度のスペックになりますが、実売価格はあっさりと10000円を切ります。一時期、本気で明るい中望遠レンズを使うだけのEOS-Kissを買おうかと思ったくらいです。結果的には規格違いのカメラシステムを増やしたくなかったので、思い切ってオリンパス製のこのレンズを買ってしまいました。その後、本当にキスデジを買ってしまいました。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズ
形状はかなり細身です。戦前製のライカやツアイスなどの沈胴式レンズを思わせるような外観です。細身のせいもあってフィルタ径はφ37でしかありません。外装色はシルバーのみなので、私が所有しているパナソニックのDMC-G1のような濃色のボディのカメラに装着するとかなり目立ってくれます。でも、これはこれで悪くない雰囲気だと思っています。

重量は実測で115gですから小型軽量です。純正オプションのフードやらフィルタやらは値段が高いばかりで気に入らないのでケンコー製のものを適当に組み合わせて使っていますが、それらを組み合わせた状態でも136gです。大して考えもしないで組み合わせてしまったら、なんとなくヒョロっとして頼りなさげな外観になってしまいましたが、まぁいいか。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズ
なんだか、発育不良のタケノコみたいな外観です。鏡筒が細いせいもあって、フードを装着した状態でカメラの内臓ストロボを発光させてもケラれることは全くありませんでした。前述の通りフードはケンコー製品ですが、色味はレンズ自体と非常に近く違和感がありません。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。
どの程度ボケてくれるかの実験例です。被写体から1m程度離れた場所で、絞り開放(f1.8)で撮影しています。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。
同じくどの程度ボケてくれるかの実験例です。こちらも被写体から1m程度離れた場所で、目一杯絞って(f22)撮影しています。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。モデルはあいり'りん・千原愛理さん。
開放端での撮影例です。JR船橋駅北口のペデストリアンデッキの上での撮影ですが、結構気持ちよくボケてくれています。この写真のモデルの愛らしいお嬢さんは演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)です。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。モデルはあいり'りん・千原愛理さん。
どの程度ボケるかと言うサンプルです。上の写真と同じく千原愛理さん(あいり'りん)にお願いして、私と二人でハートを作ってラブラブな写真にする筈だったのですが、余りにも被写界深度が浅いために二人の指にはピントはあったのですが、本人たちはピンボケとなってしまいました(泣)。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。モデルは山田ユカさん。
開放端での撮影例です。開放以外の撮影例は無いのか?と言われそうですが、、、そんなものありません。なんて言っても、開放で撮影して背景をボカすために買ったレンズですから。モデルのお嬢さんは山田ユカさんと言うストリートミュージシャンです。



ライカ判換算焦点距離90mm(実焦点距離は45mm)
開放絞り値f1.8
最少絞り値f22
レンズ構成8群9枚
フィルター径φ37
寸法φ56×46
重量約116g
発売日2011年(平成23年)9月9日


オリンパス・FL-50R(ストロボ)

Sept 30, 2011.

マイクロフォーサーズ機用に買い求めたオリンパス製のストロボで、同社ブランドのストロボとしては最上級機、FL-50Rと言う型番からも判る通りガイドナンバーは50です。パナソニックのOEM製造らしく?、パナソニック製のカメラから全く支障なく電子制御出来ます。

オリンパスのサイトには「パナのカメラで使えます」なんて何処にも書いていないようですが、パナのサイトには、パナソニック自身がストロボの生産を止めてしまったせいもあって使用可能なストロボの一覧の中にちゃんと入っています。と言うよりも、パナソニックのマイクロフォーサーズ機でTTLオートが使えるストロボはオリンパス製の一連のストロボと、ニッシンのマイクロフォーサーズ機用以外にはありません。これ以外のストロボでは最大限電子化しても外光オートが関の山です。

ガイドナンバー50のストロボですから、よくありがちな感度がISO100・絞り値がf4と言う前提で計算すれば12.5m先まで充分な光量を確保出来ることになります。最近のズームレンズは望遠端の絞り値がf5.6の場合が多いですから、現実的な数値としては8.9m先までは大丈夫と言う事になります。感度をISO400とすればガイドナンバーは2倍換算だったかな?。

但し、ストロボ自体でのオート機能を使うと、焦点距離は42mm(ライカ判換算84mm)までしか検出出来ないのは、自社製標準ズームレンズの望遠側の焦点距離を42mmに設定しているオリンパスらしいですな。焦点距離が42mmを超えるレンズを装着すればそれなりに?認識はしてくれるみたいですが、なんとなく変な数字を表示します。



オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R
オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R



電源は単3電池4本か、CR-3Vだったかのリチウムイオン電池2個を使用します。そのせいもあってかなり大柄で、普通のマイクロフォーサーズ機のホットシューに取り付けると見事に無様なトップヘビーとなって笑えます。大きさのバランスだけで言えば、普通のライカ判程度の1眼カメラではバッテリーグリップでも装着しない限りは、どの機種と組み合わせても軒並みトップヘビーになりそうです。

下位機種のFL-36Rにすれば此処まで均整が崩れた見掛けにはならないと思いますが、FL-36Rは単3電池2本仕様なので発光間隔が少々長いことと、ストロボなんて2台も3台も買う事は無いと思うので、たった1台のストロボをどうせ買うなら少しでも光量が多い方が良いか、と思って最上級機種のFL-50Rにしたような次第です。

ホットシュー経由でカメラ本体と連動するのは当然ですが、スレーブ発光機能もあってカメラ内蔵のポップアップストロボのようなモノの発光に連動してFL-50Rを発光させることもできます。但し、この場合は全くのマニュアル動作(スレーブマニュアル)か、単なる外光オート(スレーブオート)か、どちらかしか選ぶことが出来ませんが、これはこれで便利な機能です。要するにキヤノンだろうが、ライカだろうが、メプロ=ゼニットだろうが、全然無関係の他社製カメラからであっても自動制御が出来ると言う事です。

スレーブ発光させる場合のセンサーが何処にあるのかは知りませんが、背後や真横からカメラ内蔵のポップアップストロボを発光させてもちゃんと光ってくれます。恐らくは前面の、スモークが掛かった暗赤色の箇所があるので、この部分にセンサーは収納されているんだと思います。この種のスレーブ発光専用ストロボって余り光量の多いモノがない筈ですから、ガイドナンバー50のFL-50Rは驚異的な大出力ストロボと言えます。あくまでも、スレーブストロボの範疇では、と言う事ではありますけど。

少なくとも、本機を買った当時には、民生用クリップオンストロボの中では最大級の出力だったと記憶しています。今でしたらガイドナンバーが60となるものもありますが、当時はガイドナンバー60ともなるとグリップ式のものか、さもなければモノブロックストロボしかなかったように記憶しています。



オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R
オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R



こちらの写真はFL-50Rの操作パネルです。右下の「POWER」と言う押しボタンは電源スイッチですが、カメラとは独立してON・OFFが出来ます。連動させることも当然可能で、カメラもストロボも電源が入った状態でカメラの電源を落とせばストロボの電源も落ちます。再度カメラの電源を入れれば、ストロボの電源も入ります。当然ですが、ストロボの電源を落としたからと言って、連動してカメラの電源が落ちると言うようなことはありません。この辺りは全てパナソニックのDMC-G1に装着しての実験ですが、当然乍らオリンパス機に装着しても同じ結果になるのだと思います。

オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R
電源スイッチ直上の「TEST/CHARGE」と言う押しボタンスイッチは書いてある通りの機能ですが、実態としてはパイロットランプみたいな機能を有します。このスイッチは自照式なので、押しボタンスイッチではあっても発光します。

そのまた上の「AUTO CHECK」と書いてあるのは純粋な表示灯です。このストロボを発光させてオート機能が正常に動作していれば、発光後に5秒間緑色に点滅します。

一番上の「MODE」と書いた押しボタンは、いわゆるモードスイッチそのものですが、使用できるモードだけを押すたびに表示します。要するに、FL-50Rをカメラに装着しない状態で電源を入れてあれば基本的には外光オート+マニュアルしか発光のさせ方は無いですから、相応のメニューだけを表示してきます。FL-50Rをカメラに装着してからこの押しボタンスイッチを操作するとTTLオートなどのメニューも表示するようになります。



オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50Rに付属の置台
オリンパス光学のクリップオンストロボFL-50Rに付属してくる置台です。別売オプションとかではなく、標準付属です。冒頭の写真はこの置台に取り付けた状態で撮影しています。「取り付け」とは言っても、実質的には嵌めただけですけど。

右側の写真に埋め込まれた雌ネジが写っているのでなんとなく想像は付こうと言うものですが、三脚の止めネジに合致する寸法です。この辺りの構造は、ごく当たり前の、真っ当な仕掛けになっています。かなり小さいモノなので不安定な印象がありますが、実際にストロボ自体に取り付けてみると、十分な安定感があります。巧く作ってあるものです。