オリンパス・FL-50R(ストロボ)

Sept 30, 2011.

マイクロフォーサーズ機用に買い求めたオリンパス製のストロボで、同社ブランドのストロボとしては最上級機、FL-50Rと言う型番からも判る通りガイドナンバーは50です。パナソニックのOEM製造らしく?、パナソニック製のカメラから全く支障なく電子制御出来ます。

オリンパスのサイトには「パナのカメラで使えます」なんて何処にも書いていないようですが、パナのサイトには、パナソニック自身がストロボの生産を止めてしまったせいもあって使用可能なストロボの一覧の中にちゃんと入っています。と言うよりも、パナソニックのマイクロフォーサーズ機でTTLオートが使えるストロボはオリンパス製の一連のストロボと、ニッシンのマイクロフォーサーズ機用以外にはありません。これ以外のストロボでは最大限電子化しても外光オートが関の山です。

ガイドナンバー50のストロボですから、よくありがちな感度がISO100・絞り値がf4と言う前提で計算すれば12.5m先まで充分な光量を確保出来ることになります。最近のズームレンズは望遠端の絞り値がf5.6の場合が多いですから、現実的な数値としては8.9m先までは大丈夫と言う事になります。感度をISO400とすればガイドナンバーは2倍換算だったかな?。

但し、ストロボ自体でのオート機能を使うと、焦点距離は42mm(ライカ判換算84mm)までしか検出出来ないのは、自社製標準ズームレンズの望遠側の焦点距離を42mmに設定しているオリンパスらしいですな。焦点距離が42mmを超えるレンズを装着すればそれなりに?認識はしてくれるみたいですが、なんとなく変な数字を表示します。



オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R
オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R



電源は単3電池4本か、CR-3Vだったかのリチウムイオン電池2個を使用します。そのせいもあってかなり大柄で、普通のマイクロフォーサーズ機のホットシューに取り付けると見事に無様なトップヘビーとなって笑えます。大きさのバランスだけで言えば、普通のライカ判程度の1眼カメラではバッテリーグリップでも装着しない限りは、どの機種と組み合わせても軒並みトップヘビーになりそうです。

下位機種のFL-36Rにすれば此処まで均整が崩れた見掛けにはならないと思いますが、FL-36Rは単3電池2本仕様なので発光間隔が少々長いことと、ストロボなんて2台も3台も買う事は無いと思うので、たった1台のストロボをどうせ買うなら少しでも光量が多い方が良いか、と思って最上級機種のFL-50Rにしたような次第です。

ホットシュー経由でカメラ本体と連動するのは当然ですが、スレーブ発光機能もあってカメラ内蔵のポップアップストロボのようなモノの発光に連動してFL-50Rを発光させることもできます。但し、この場合は全くのマニュアル動作(スレーブマニュアル)か、単なる外光オート(スレーブオート)か、どちらかしか選ぶことが出来ませんが、これはこれで便利な機能です。要するにキヤノンだろうが、ライカだろうが、メプロ=ゼニットだろうが、全然無関係の他社製カメラからであっても自動制御が出来ると言う事です。

スレーブ発光させる場合のセンサーが何処にあるのかは知りませんが、背後や真横からカメラ内蔵のポップアップストロボを発光させてもちゃんと光ってくれます。恐らくは前面の、スモークが掛かった暗赤色の箇所があるので、この部分にセンサーは収納されているんだと思います。この種のスレーブ発光専用ストロボって余り光量の多いモノがない筈ですから、ガイドナンバー50のFL-50Rは驚異的な大出力ストロボと言えます。あくまでも、スレーブストロボの範疇では、と言う事ではありますけど。

少なくとも、本機を買った当時には、民生用クリップオンストロボの中では最大級の出力だったと記憶しています。今でしたらガイドナンバーが60となるものもありますが、当時はガイドナンバー60ともなるとグリップ式のものか、さもなければモノブロックストロボしかなかったように記憶しています。



オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R
オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R



こちらの写真はFL-50Rの操作パネルです。右下の「POWER」と言う押しボタンは電源スイッチですが、カメラとは独立してON・OFFが出来ます。連動させることも当然可能で、カメラもストロボも電源が入った状態でカメラの電源を落とせばストロボの電源も落ちます。再度カメラの電源を入れれば、ストロボの電源も入ります。当然ですが、ストロボの電源を落としたからと言って、連動してカメラの電源が落ちると言うようなことはありません。この辺りは全てパナソニックのDMC-G1に装着しての実験ですが、当然乍らオリンパス機に装着しても同じ結果になるのだと思います。

オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50R
電源スイッチ直上の「TEST/CHARGE」と言う押しボタンスイッチは書いてある通りの機能ですが、実態としてはパイロットランプみたいな機能を有します。このスイッチは自照式なので、押しボタンスイッチではあっても発光します。

そのまた上の「AUTO CHECK」と書いてあるのは純粋な表示灯です。このストロボを発光させてオート機能が正常に動作していれば、発光後に5秒間緑色に点滅します。

一番上の「MODE」と書いた押しボタンは、いわゆるモードスイッチそのものですが、使用できるモードだけを押すたびに表示します。要するに、FL-50Rをカメラに装着しない状態で電源を入れてあれば基本的には外光オート+マニュアルしか発光のさせ方は無いですから、相応のメニューだけを表示してきます。FL-50Rをカメラに装着してからこの押しボタンスイッチを操作するとTTLオートなどのメニューも表示するようになります。



オリンパス光学/クリップオンストロボFL-50Rに付属の置台
オリンパス光学のクリップオンストロボFL-50Rに付属してくる置台です。別売オプションとかではなく、標準付属です。冒頭の写真はこの置台に取り付けた状態で撮影しています。「取り付け」とは言っても、実質的には嵌めただけですけど。

右側の写真に埋め込まれた雌ネジが写っているのでなんとなく想像は付こうと言うものですが、三脚の止めネジに合致する寸法です。この辺りの構造は、ごく当たり前の、真っ当な仕掛けになっています。かなり小さいモノなので不安定な印象がありますが、実際にストロボ自体に取り付けてみると、十分な安定感があります。巧く作ってあるものです。