オリンパス・M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズ

Dec 1, 2012.

オリンパス光学製のマイクロフォーサーズ用レンズで、拙宅初のマイクロフォーサーズ用単焦点レンズです。ズームレンズばかりが氾濫している現状では45mm・f1.8と言うスペックはなんとも希少性の高いものになってしまいましたが、40年くらい前だったらかなり安い目の標準レンズに過ぎないようなスペックです。普通の高倍率ズームレンズに比べるとf1.8と言う明るさがなんとも驚くほどの明るさに思えてきます。あくまでも40年前を基準に考えると、大して明るくもなんともない開放絞り値です。

確か、銀塩カメラ時代の一眼レフのボディとのセット売り用の標準レンズでは、安っぽい方が開放絞り値f1.8とかf2.0、高級志向だと開放絞り値f1.4とかだったと記憶しています。もっとも、マイクロフォーサーズ規格では45mmのレンズはライカ判換算で90mm相当の画角を持つ中望遠レンズとなりますから、40年前の標準レンズとは同じ土俵で比較することは意味がありません。このレンズは「美しい背景ボケを手軽に楽しめるママのためのファミリーポートレート用」として販売されているものです。「ファミリーポートレート」と言う文言が些か意味不明ですが、お父さんが自分の馴染みの演歌歌手の撮影用に使ったとしても好都合なレンズです。

マイクロフォーサーズ規格のレンズとしては、この文章を書いている時点では明るい中望遠レンズは僅かな種類しか販売されていません。中望遠自体が少ないのは新しい規格なので仕方が無いですが、明るいと言うだけならばおそらく一番明るいレンズはコシナ製のフォクトレンダーブランドのノクトン25mm・f0.95なんてものがありますが25mm(ライカ判換算で50mm)では焦点距離の面で不満だし、なによりも私の視力ではMFレンズは使用不能です。

中望遠と言う点ではパナソニック製のライカブランドのマクロエルマリート45mm・f2.8でも良いのですが、ライカ製でないライカのレンズに高い金を払いたくないし、なによりも開放f値がf2.8では敢えて不便な単焦点レンズを買うにしては些か不満です。

結局は、落ち着くところは実売28000円+ポイント10%還元程度で買うことができるオリンパス製のこのレンズ、と言う事になります。その一方で、このレンズの価格には不満もあります。キヤノンのEFレンズで50mm・f1.8の単なる標準レンズをEOS-Kissとかに装着すれば、このオリンパス製の単焦点レンズと同じ程度のスペックになりますが、実売価格はあっさりと10000円を切ります。一時期、本気で明るい中望遠レンズを使うだけのEOS-Kissを買おうかと思ったくらいです。結果的には規格違いのカメラシステムを増やしたくなかったので、思い切ってオリンパス製のこのレンズを買ってしまいました。その後、本当にキスデジを買ってしまいました。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズ
形状はかなり細身です。戦前製のライカやツアイスなどの沈胴式レンズを思わせるような外観です。細身のせいもあってフィルタ径はφ37でしかありません。外装色はシルバーのみなので、私が所有しているパナソニックのDMC-G1のような濃色のボディのカメラに装着するとかなり目立ってくれます。でも、これはこれで悪くない雰囲気だと思っています。

重量は実測で115gですから小型軽量です。純正オプションのフードやらフィルタやらは値段が高いばかりで気に入らないのでケンコー製のものを適当に組み合わせて使っていますが、それらを組み合わせた状態でも136gです。大して考えもしないで組み合わせてしまったら、なんとなくヒョロっとして頼りなさげな外観になってしまいましたが、まぁいいか。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズ
なんだか、発育不良のタケノコみたいな外観です。鏡筒が細いせいもあって、フードを装着した状態でカメラの内臓ストロボを発光させてもケラれることは全くありませんでした。前述の通りフードはケンコー製品ですが、色味はレンズ自体と非常に近く違和感がありません。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。
どの程度ボケてくれるかの実験例です。被写体から1m程度離れた場所で、絞り開放(f1.8)で撮影しています。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。
同じくどの程度ボケてくれるかの実験例です。こちらも被写体から1m程度離れた場所で、目一杯絞って(f22)撮影しています。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。モデルはあいり'りん・千原愛理さん。
開放端での撮影例です。JR船橋駅北口のペデストリアンデッキの上での撮影ですが、結構気持ちよくボケてくれています。この写真のモデルの愛らしいお嬢さんは演歌歌手の千原愛理さん(あいり'りん)です。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。モデルはあいり'りん・千原愛理さん。
どの程度ボケるかと言うサンプルです。上の写真と同じく千原愛理さん(あいり'りん)にお願いして、私と二人でハートを作ってラブラブな写真にする筈だったのですが、余りにも被写界深度が浅いために二人の指にはピントはあったのですが、本人たちはピンボケとなってしまいました(泣)。



オリンパス光学/M-ZUIKO 45mm/f1.8レンズでの撮影例。モデルは山田ユカさん。
開放端での撮影例です。開放以外の撮影例は無いのか?と言われそうですが、、、そんなものありません。なんて言っても、開放で撮影して背景をボカすために買ったレンズですから。モデルのお嬢さんは山田ユカさんと言うストリートミュージシャンです。



ライカ判換算焦点距離90mm(実焦点距離は45mm)
開放絞り値f1.8
最少絞り値f22
レンズ構成8群9枚
フィルター径φ37
寸法φ56×46
重量約116g
発売日2011年(平成23年)9月9日