オリンパス・14mm~150mm標準ズームレンズ

June 3, 2010.

M ZUIKO 9~18mmに続く、拙宅2本目のオリンパス光学製レンズで,ライカ判換算で28mm~300mm相当の高倍率ズームです。これまた小型軽量で実測僅か255gでしかありません。銀塩時代の標準レンズにちょっと毛が生えた程度でしょうか。流石にM ZUIKO 9~18mmよりは少々大振りで、フィルタ径はφ58となっています。それでも、DMC-G1用の純正ソフトケースに、このレンズを装着した状態でどうにかこうにか収りますから凄いものです。

「純正ソフトケース」と言うのは、レンズキット付属の標準ズームレンズ(14~45mm)を装着した状態のボディーが収る、と言うことに他ならないのです。要するに、この「M-ZUIKO 14mm~150mm」と言うレンズは、一般的な標準ズームレンズと大差無い大きさ、と言うことです。流石に、レンズフードを取り付けた状態で収納するとこは無理だと思います。

広角ズームレンズに続いてこちらの、ライカ判換算で28mm~300mm相当という高倍率ズームを買ったのは、実は某所に撮影に出向いた際に散々後悔させられまして、発作的に買ったようなものです。良くある話ですが、こちらが撮影していようが何をしようが走っている電車は止まって待ってはくれない。例えば、時速300km/hで走っている新幹線は遙か彼方だったら望遠レンズを使うし、目の前まで来ればもっと焦点距離の短いレンズを使う。その過程の中でレンズ交換は必要なわけでその間電車が止まって待っていてくれる、、、なんて都合の良い話はないわけです。子供の運動会や入学式で「その入場行進、レンズを交換するからちょっと止まって待っててくれ」と言うわけには行かないのと同様な理由ですが、大抵はこの種の事が切っ掛けになって高倍率ズームを買う事になるようです。

因みに私の場合は某電鉄会社の車庫公開日に目当ての車輛がおりまして、「未だ暫くは動かないだろう」と思って標準ズームでのんびり撮影していたら突然走り始めてしまい、なすすべもなく見送る羽目に陥ってしまって後悔した、とまぁ、こう言うことなんですな。あ~あ。



オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズ
DMC-G1に装着してみた処です。こうしてみると、ちょっとやそっとでは高倍率ズームとは見破れません。50年くらい前の、1眼レフの黎明期に出ていた焦点距離が60mmに近いような標準レンズを取り付けたとか、そのような雰囲気です。この状態が広角端です。



オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズ
望遠端まで鏡筒を引き延ばした処です。レンズの前半分が妙にひょろ長い感じで格好悪くなってしまうのは、この種のレンズの宿命と言うべきですかな。この2枚の写真を撮影してから気がつきましたが「デジタルキング」とか言うブランドの超薄型レンズプロテクタを取り付けて撮影しています。「デジタルキング」と言うのは、コンバージョンレンズを多数手掛けているトダ精光だったかのブランド名です。

オリンパス製レンズフードLH-61C レンズフードは別売りで「LH-61C」と言うプラスチック製の花形のもので標準ズームレンズの14mm~42mmに付属しているものと同じものです。いわゆる花形フードで格好悪くは無いのですが、なんとなく安っぽく見えてしまうような気がします。装着方法は、ごく簡単なバヨネット式です。取り付け部分も勘合が甘く、外れやすいのが難点です。

このフードのお陰で、多分にレンズ全体の商品価値を下げているように思います。

オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズの広角端(28mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。広角端(28mm相当)で撮影。



オリンパス光学/M-ZUIKO 14~150mmズームレンズの望遠端(300mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。望遠端(300mm相当)で撮影。



後日談

Dec 9, 2011.

普通に使っている分には全く不満がなかったレンズですが、何分にもボディ内に手ぶれ補正機構を持たないパナソニック製のボディとの組み合わせでは、このレンズには手ぶれ補正が使えないと言う事になります。オリンパス製のボディであれば手ぶれ補正機構はカメラボディ側に持たせてあるので問題はないのですが、オリンパスのボディはE-PM1だったかのAFが余りにもトロ過ぎて、オリンパスのボディは二度と使いたくないので話になりません。

結局はレンズ自体に手ぶれ補正機構を持たせてあるパナソニックの標準ズームレンズ(14mm~140mm)を買ったのを切っ掛けに、こちらのレンズはネットオークションで売り飛ばしてしまい、拙宅には現存しません。日中屋外の鉄道写真の撮影にのみ使うのであれば全く支障は無かったのですが、振り袖を着てマイクを持っているお嬢さん(=演歌歌手)の撮影をする機会が多くなると、手ぶれ補正が使えないレンズではかなり支障を生じます。光量が少ない上にストロボを発光させることが躊躇われる場所がかなり多いからです。



ライカ判換算焦点距離28mm~300mm
(実焦点距離は14mm~150mm)
絞りf4.0~f5.6
レンズ構成11群15枚
フィルター径φ58
寸法φ64×83
重量約260g
発売日2010年(平成22年)6月25日