オリンパス・M-ZUIKO 9~18mmズームレンズ

May 1, 2010.

オリンパス製のマイクロフォーサーズ用レンズで「M-ZUIKO」と言う名前が付くものです。焦点距離は9mm~18mm、ライカ判換算で18mm~36mmと言う、しばらく前だったら「超」の字が付いた広角ズームレンズです。沈胴(ちんどう)式レンズなんですが、沈胴させるとパンケーキレンズがちょっとぶ厚くなった程度の大きさでしかありません。焦点距離やら画角やらを考えると、如何にマイクロフォーサーズ用レンズとは言えども非常に小型・軽量であることが判ります。

単体重量は153g、オプションの純正フィルターとフードを取り付けた状態でも181gです。パナソニックの標準ズームレンズが単体で191gですから、それを考えると異様に小型軽量です。しかも、この焦点距離でありながらフィルタ径はφ52ですからますます驚かされます。此処まで小型化できたのは、合焦用にモーターが駆動するレンズをたった1枚だけで済ますようにして、1枚のレンズだけだったら合焦用モーターに直結しておいても事足りるから、駆動用の余分なギヤ類が入らないで済むから、と言うことでもあるようです。

オリンパス光学の製品を買うのは、私は初めてです。パナソニックには7mm~14mmと言う、ライカ判換算で14mm~28mmと言うかなり驚異的な画角のレンズがあって食指が動かなくもなかったのですが、レンズ先端に保護フィルターを取り付けることが出来ないので止めました。やはり、前玉保護のためのフィルターが取り付けられないレンズは恐怖心が先に立ってしまうので買おうと言う気になりません。

実は、同じマイクロフォーサーズ規格と言えども、パナソニックはレンズ側で手ぶれ補正をするのに対して、オリンパス光学側はボディ側で手ぶれ補正をしています。そのために、レンズに手ぶれ補正機構を持たせていないオリンパス光学製のレンズをパナソニックのカメラ本体に装着すると手ぶれ補正は全く利かなくなります。反面、オリンパス光学製のカメラであればレンズの種類は不問で手ぶれ補正することができます。最新型のレンズであっても、ダゲレオカメラに付いていたレンズやベス単用のレンズであっても手ぶれ補正することが出来るわけですから、コレは随分と凄い話です。私は、、、手ぶれ補正機能があった方が便利であることは確かですが焦点距離の短いレンズだから、手ぶれ補正はなくても良かろうと割り切りました。やせ我慢みたいなものです。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズ
オプションのレンズフードLH-55Bを取り付けて、レンズを撮影状態にしてみた処です。沈胴式レンズなので止むを得ないですが、黒い筐体でくびれちゃうのはなんとなく不自然な気がします。まぁ、気がすると言うだけですが、、、。銀色の筐体だったらロシアライカ用のインダスター50だったかのような雰囲気になりそうです。塗り替えちゃおうか。

沈胴状態の方が格好は良いと思うのですが、沈胴した状態では合焦しません。それだけでなくて、何らかの電気的なロックでも掛けているのか沈胴状態ではシャッターが切れません。取扱説明書には「沈胴状態では撮影できない」と言うようなことが書いてありますが、パナソニック製のカメラ(DMC-G1)を使っていてオリンパス光学製のレンズ側でカメラのシャッターを制御出来るようになっているとは予想外でした。「沈胴状態のままではピンポケ写真の量産になるかな?」程度には考えていたのですが、この辺りもきちんと規格化されているみたいです。

実は以前にマミヤの沈胴式レンズのカメラ(マミヤプレス)を使っていまして、このカメラは単純なレンジファインダーのマニュアルカメラですから、迂闊にもレンズを沈胴させたままで撮影してしまったことがあります。当然ファインダー内だけで合焦していてもフィルム面には全く反映していないわけで、恥ずかしながら見事に全滅させてしまったことがあります。やはり、この手の安全機構は備えておいてくれた方がありがたいです。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズ
パナソニックの標準ズームレンズと並べてみました。どう考えても、標準ズームレンズの方が広角ズームレンズに見えてしまうのでなんとも愉快です。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズの広角端(18mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。広角端(18mm相当)で撮影。



オリンパス光学/M-ZUIKO 9~18mm広角ズームレンズの望遠端(36mm相当)で撮影。
撮影サンプルです。望遠端(36mm相当)で撮影。



ライカ判換算焦点距離18mm~36mm
(実焦点距離は9mm~18mm)
絞りf4.0~f5.6
レンズ構成8群12枚
フィルター径φ52
寸法φ57×50
重量約155g
発売日2010年(平成22年)4月23日