キヤノン製ミラーレスデジタルカメラ一覧表

June 1, 2020.

キヤノン(Canon)のミラーレスデジタルカメラの一覧表です。当初APS-Cサイズの受光素子を持つ「Mシリーズ」のみの製品展開でしたが、フルサイズの「Rシリーズ」が発売されて以来、将来が読み切れなくなりました。普通のクイックリターンミラーを持っているデジタル一眼レフとどのように棲み分けて行くつもりなのか、大いに興味がある処です。

キヤノンはレンズ交換可能なミラーレス機への参入はかなり遅く、第1号機は2012年(平成24年)9月発売の「EOS M」が初っ端となります。AFの合焦速度は速いとは言えなかったよう、余り宜しくない評判が立ってしまっているようです。尤も、EOS-M、EOS-M2の合焦速度を殊更「遅い」と騒ぎ立てるのはソニー原理主義みたいな人が多いようで、ソニー好きの言う事は余り信用したくない私自身としては「キヤノンAF遅い説」は本気では信用していません。逆にEOS-M、EOS-M2が殊更に「物凄く快適だ」と言うような論調の文章を書く人はライター業として気を遣い過ぎみたいな気もするので果たしてどこまで信用してよいモノやら、、、。取り敢えずEOS-M3以降の機種で「AFが遅い」と言う説を耳にする(目にする)機会はほぼ皆無なので、現行機種を買い求めている分には支障なく使えるんじゃないかと思います。

キヤノン(Canon)のミラーレスデジタルカメラの内、フルサイズのRシリーズは基本的には上級機と中級機のみの展開ですが、APS-Cサイズの受光素子を持つEOS-Mシリーズには普及価格帯の製品も混在しています。実はEOS-Mシリーズで価格の安い機種ですと、ダブルレンズキットでありながらパワーショットGシリーズの最高価格帯の機種よりも実売価格が安くなってしまう場合があります。値段だけでカメラの価値が決まる訳ではありませんが、機種選定の際には色々と悩まなくてはならないので楽しい限りです。展示品・在庫限りですが、私が見た最低記録?はAPS-CグループのM-100ダブルズームキットで税抜き44800円だったかです(2020年5月現在)。今では既に、売れてしまっていると思いますけど。

レンズマウントはキヤノンのミラーレス機独自仕様のモノです。
APS-Cサイズの受光素子を持つMシリーズ:EF-Mマウント、
フルサイズの受光素子を持つRシリーズ:RFマウント

となっています。どちらもキヤノン自体から純正マウントアダプターが発売されていて、既存のEFマウント・EF-Sマウントのレンズを使用することが出来ます。RFマウントの方にはコントロールリングを持たせたマウントアダプターも存在します。流石に、RFマウントのレンズを、EF-Mマウントのカメラで使うようなマウントアダプターはキヤノン自体からは発売されていません。

マウントの名称はAPS-Cグループが「EF-Mマウント」、フルサイズグループが「RFマウント」で、、、宜しいんじゃないかな?。フルサイズの方は「EF-RF」とかではなくて単純な「RFマウント」です。なにを以て「EF」の名を排除して「RF」とのみ名付けているのかは存じ上げませんが、初代EOS以来連綿と続いてきた「EFアーキテクチャ」とでも呼ぶべきものと訣別する布石としての命名だと言う説を何処かで見掛けた記憶がありますが、本当かなぁ?。

なお、この一覧表では各機種が使用する電池に関して触れていません。触れない理由は単3電池を使用する機種が皆無だからで、この辺りの事情は同じキヤノン製品であっても「コンパクトデジタルカメラ一覧表」に記載した各機種とは事情を異にします。この表に記載した各機種は原則として専用電池を使用するので敢えて触れていません。流石にEOS-R用のバッテリーグリップにも単3電池用マガジンは付属していないので、裏技的にも単3電池は使えません。



A
P
S
|
C
EOS M系
APS-Cサイズの受光素子を持つ機種です。最初期から販売されている機種で、コンパクトカメラ的な外観の機種です。M→M2→M10→M100→M200と展開しています。
EOS M3系
APS-Cサイズの受光素子を持つ機種です。レンジファイダー機的な外観の機種です。M3→M6→M6IIと展開しています。
EOS M5・KISS-M系
APS-Cサイズの受光素子を持つ機種です。1眼レフ的な外観の機種です。APS-Cグループの中では最上級機です。




EOS-R系
フルサイズのミラーレス機で、一眼レフ機的な外観です。キヤノンのミラーレス機の中では最上位となる機種です。
EOS RP系
フルサイズのミラーレス機で、レンジファインダー機的な外観の機種です。「R"P"」とは嘗てキヤノンが発売していた銘機「ポピュレール」へのオマージュです。


EOS M2012.9APS-C/1800万画素・固定液晶DISP
EOS M22013.12APS-C/1800万画素・固定液晶DISP
EOS M32015.3APS-C/2420万画素・チルト液晶DISP
EOS M102015.10APS-C/1800万画素・チルト液晶DISP
EOS M52016.11APS-C/2420万画素・チルト液晶DISP
EOS M62017.4APS-C/2420万画素・チルト液晶DISP
EOS M1002017.10APS-C/1800万画素・チルト液晶DISP
EOS Kiss M2018.3APS-C/2420万画素・可動液晶DISP
EOS R2018.10フルサイズ/3030万画素・可動液晶DISP
EOS RP2019.3フルサイズ/2620万画素・可動液晶DISP
EOS M6mkII2019.9APS-C/3250万画素・チルト液晶DISP
EOS M2002019.10APS-C/2410万画素・チルト液晶DISP
EOS Ra(注1)2019.12フルサイズ/3030万画素・可動液晶DISP
EOS Kiss MmkII2020.11APS-C/2420万画素・可動液晶DISP

(注1):天体撮影用



最初のページに戻る Return to index page 返回主頁