アリスト・クラフトについて

Aug 4, 2007.


アリスト・クラフトはGゲージよりは1番ゲージ製品メーカーとしての色合いが強いですが、1935年(昭和10年)に創業した模型メーカーです。後にニューヨークの7番街で模型店を開店し5番街に移転しています。その後にどのような経緯があったのかは定かではありませんが、現在では45mmゲージの線路を走る鉄道模型を各種製造・販売しています。代替わりしてはいるものの、現在でも創業者の一族の末裔が会社の経営は掌握していた筈です。現在に至るまでいろいろな品物を取り扱っており、その昔にはマブチモーター、トリックス、リヴァロッシ、キヴリ、ファーラーなどの製品の輸入や、HOゲージ製品の製造販売をしていたこともあるようです。

鉄道模型を何処まで本業と捉えているのか定かではありませんが、1950年代や1960年代辺りまでは、飛行機や船の模型をかなり取り扱っていた(製造していた)ようです。今でも鉄道模型用にラジコン式の制御装置を販売しているのはその名残でしょうか。言うなれば無線操縦のDCC(デジタル・コマンド・コントロール)のようなものなのですが、説明をちらっと読んだ限りでは微妙な処で電波監理局勤務の友人に睨まれそうな内容なので、残念ながら未だに手は出さずにいます。

良い子ぶるつもりはありませんが、この種の法的にグレーゾーンとも言うべきものに手を出してしまうとコンテンツに仕立てられなくてつまらないので、今後もこの手の無線操縦の装置には手出しはしないと思います。日本とアメリカでは電波関連の法制度が違っているので、現地では合法でもそのまま持ってきてしまうと違法状態になる品物があるのは残念ながら止むを得ない処です。普通のラジコンで使用する周波数帯は27MHz、40MHz、72MHzとあって、それぞれが陸上用だとか飛行機用だとかに区分されており、その区分の仕方が国によって微妙に異なったりしているからでもあります。まぁ、いずれにしても「君子危うきに近寄らず」と言う格言は思い出しておいた方が宜しいでしょう。

アリスト・クラフトの製品には1/29の縮尺の1番ゲージの製品として製造されているものと、1/24の縮尺の2番ナロー(=Gゲージ)の製品として製造されているものの2系列があります。1/29の1番ゲージの方は相当以前から販売しているようです。恐らく、大東亜戦争以前には手を出していたのだと思いますが、1/24の方は「アリスト・クラフト・デルトン・クラシックス」などと表示されている1/24の縮尺の正調Gゲージの方は、かつて存在したデルトン・ロコモティヴ・ワークスと言うメーカーの製品をアリスト・クラフトが引き継いで販売するようになってからのことであろうと思われます。時期的には1990年代半ばのことです。

実は以前にはアリスト・クラフトの製品で、丸っきりナローっぽくはない、標準軌間の1番ゲージのボックスカーを一時的に保有していたことがありました。その車輛はネットオークションで放出してしまいましたので、実質的には2004年(平成16年)に買い付けた2輛の1番ゲージの2軸貨車が初アリスト?となります。性懲りも無く今回の2輛も1番ゲージなんですが、大きさがGゲージの車輛と大差ないことを理由に、普通のGゲージの車輛だったらバックマンなどの製品も出回っているので、敢えて変な買い方をして見ました。止せばいいのに、ね。

なお、通販サイトによってはアリスト・クラフト製の1番ゲージ用ストラクチャー類の縮尺を「1/30」と表示しているものがあります。1番ゲージで縮尺が1/30と言うものを製造しているメーカーは、私が知っている限りでは日本の和田ワークス程度でしかありませんので、「1/30」と言う縮尺表示が本当であったとすれば、かなり画期的です。もっとも、アメリカのメーカー、商社、販売店のこの手の表示はかなりデタラメな場合が多いので、少しも画期的では無い可能性も充分あります。線路幅を45mmに限定せずに35mmまで許容すれば、戦前の日本国内では幾らも売られていましたが、此処までしてしまうと風呂敷を少々広げ過ぎたきらいもありますな。



21030:1B1サドルタンク蒸気機関車

Mar 1, 2008.

またしてもGゲージではなくて1番ゲージの車輛、そして、拙宅としては初めてのアリスト・クラフト製動力車です。従台車付きの機関車を買い求めるのはHOゲージを含めれば2輛目、人生を通じ軸配置がコロンビア(2-4-2)となる車輛を買い求めるのはこれが初めて、殆ど初めて尽しの車輛です。1B1のサドルタンク機関車と言うと流山鉄道のサドルタンク機を思い出しますが、多分、流山の機関車の方が立派です。「立派」と言うのも変な表現ですが、キャブの後ろに石炭庫が付いている分だけ、流山機の方が車体は大きいようです。

ナローと間違えそうな小柄な車輛ですが、上述の通り正調1番ゲージ、要するに標準軌間の車輛です。アリスト・クラフトの小柄な車輛を見ると、なんとなくデルトン起源の1/24の車輛を想起してしまいがちですが、そうではない車輛です。実際の処、現在のアリスト・クラフトは、1/24で2番ナロー(=Gゲージ)のデルトン・クラッシック仕様の車輛は縮小して行くつもりなんじゃないかと思われます。

製品付属の説明書を見てもプロトタイプに関してはロジャース(Rogers Locomotive and Machine Works)製であると言うだけで、具体的な事は書いてありません。アリスト・クラフトのカタログで、この機関車のエッチング画のようなものは見た記憶がありますから何らかのプロトタイプはあると思いますが、どうもフリーランス(自由型)なんじゃないかと思います。最近ではテンダー付きで販売されている事がありますが、元来はタンク機です。大体、この機関車に付属してくるテンダーは、同じくアリスト・クラフトが販売しているペンシルヴァニア鉄道のB6型(と言う名前のBテンダー機)のものと同じものを流用したもののようですからかなり怪しいです。

いずれにしてもロジャース自体は1900年代初頭にアルコに参画して独立した企業体では無くなりますから、この機関車の製造時期としては19世紀(1800年代)後半と言うことになります。私が見た記憶のあるエッチング画の雰囲気からすると1870年代から1880年代、大雑把に言えば明治初頭から明治20年とか、そのくらいまでの時期に製造された車輛ではないかと想像しています(あくまでも“想像”です)。



アリスト・クラフト(Aristo Craft)のロジャース製1B1テンダ機。No.1 gauge Rogers 1-B-1 tender locomotive, manufactured by Aristo-Craft.
この車輛、ご覧の通り赤・青・黄色の3色塗りが基本で、なんともけばけばしい車輛です。「セサミ・ストリート」と言うテレビのマペットアニメの番組の30周年記念塗装らしく、車番も30号になっているし、品番までもが「210“30”」となっています。



アリスト・クラフト製の25ft2軸貨車について

Sept 22, 2007.

何かのカタログに「20ft」と書いてあったのを見たような記憶もあるのですが、手元にある車輛は車体に「25ft」と言うレタリングが麗々しくなされていますから、此処では車体標記に従うこととします。

20ftだとすると実物換算で6m級、25ftだとすると同じく実物換算で7m級となります。日本の762mmゲージのナローの鉄道だと、そろそろボギー車になろうかと言う寸法です。アメリカの場合はナローとは言っても3ftゲージが前提ですからもっと足腰がしっかりしており、この程度ならば未だ2軸車で済ませるようで、ボギー車となるのは28ft級辺りからのようです。



アリスト・クラフト製25ft2軸貨車。
以下にご覧いただく車輛は、1番ゲージと表示のある車輛を、敢えてGゲージ(=2番ナロー)に転用することを前提にスケール無視で買い求めた車輛でして、縮尺は間違いなく1番ゲージなりの縮尺となっているようです。少なくともブレーキホイールの大きさを見る限りでは間違いなく1番ゲージ用の車輛ではあるようです。

実際に車体長は266mm位ですので、これをアリスト・クラフト方式?の1番ゲージ であるとして29倍すると、266×29≒25.3ftとなりますから、看板に偽りはないようです。同じくアリスト・クラフト方式?の2番ナロー(=Gゲージ)だと考えた場合は266×24≒20.9ftですから、これはこれで変な数字ではありません。私の保有するGゲージの車輛の中では、14ft(≒4.27m)のアキュクラフトの#172051のボックスカーに次ぐ、小さい車輛です。

いずれにしても1番だろうが2番ナローだろうが、余り拘らないのがアメリカの国民性なので、こちらもこれ以上は詮索しないことにします。どちらの縮尺にも転用できるわけでして、便利であるとも言えます。もっとも日本人が相手の話だとすると、現実にはサブロクナローの車輛に過ぎないC62やEF58を「トロッコに毛が生えた程度のナローゲージの機関車」だと本当のことを聴かされただけで意味も無く怒り出す人は無数にいますから、やはりこの辺りにも国民性が反映しているのでしょうか。別に、自分の所有物でもなかろうに、、、。



40211:D&RGWのフラットカー

Sept 22, 2007.

アリスト・クラフト(Aristo Craft)の1番ゲージの車輛で、Gゲージ(=2番ナロー)に転用することを前提に敢えてスケール無視で買い求めた1番ゲージの2軸車第1号です。40303の2軸ボックスカーとも共通の下回りを使っています。化粧箱には間違いなく1/29の縮尺表示がありますから1番ゲージの車輛であることは疑問の余地は無いのですが、それでも「本当は2番ナロー(=Gゲージ)の間違いじゃないのか?」と疑ってかかっていたのですが、、、単なる私の邪推でした。



アリスト・クラフト製2軸フラットカー。G gauge 4 wheel flat car, manufactured by Aristo-Craft.
バックマンの2軸ボギーのボックスカーなどは、如何にもコロラド山中的?な堂々たる車輛で愛らしさには少々欠けるものが多いので、自分の鉄道を、もうちょっとほのぼのとした方向に向けたいので多少不自然さを承知で、敢えて1番ゲージの2軸車を買ってみたような次第です。



40303:UPのボックスカー

Sept 22, 2007.

アリスト・クラフト製2軸ボックスカー。G gauge 4 wheel box car, manufactured by Aristo-Craft.
アリスト・クラフト(Aristo Craft)の1番ゲージの車輛で、Gゲージ(=2番ナロー)に転用することを前提に40211の2軸フラットカーと一緒に、敢えてスケール無視で買い求めた1番ゲージの2軸車第2号です。この車輛も下回りはカブースのものを転用しているようです。



86500:ディスコネクト・ロッグカー

アリスト・クラフト製ディスコネクト・ロッグカー
アリスト・クラフト(Aristo Craft)の1番ゲージのディスコネクト・ロッグカー、品番は#86500です。「Gゲージ(=2番ナロー)への転用云々」と言うことは考えずに、「Aristo Craft Classic」と言う文言だけを頼りにデルトン起源の、1/24の車輛じゃないかと淡い期待を抱きつつも発注したら、、、見事に外れて1/29の1番ゲージの車輛でした。

どうにも怪しい車輛でして、一応は2軸単車2輛を組み合わせにしたディスコネクト・ロッグカー、、、なのですが、アーチバー台車を履いていて、しかもこの台車が独立して首を振ります。2軸単車の台車が自由に首を振ったら、走行中に車体が横向きになって側面を先頭にして走り出してしまうような珍現象に立ち至りますが、どちらかと言えば玩具然とした車輛です。